J2降格が決定したアルビレックス新潟の面々 photo/Getty Images

写真拡大

18日に明治安田生命J1リーグの第32節が行われ、アルビレックス新潟がヴァンフォーレ甲府に1-0で勝利した。

直近の同リーグ4試合で3勝1分と、復調の兆しを見せていた新潟。今節も前半のリードを守りきって勝利を収めたものの、同時刻に行われたヴィッセル神戸とサンフレッチェ広島の一戦で広島が勝利したため、新潟の今季の同リーグ16位以下が確定。来季は2003年シーズン以来となるJ2に戦いの場を移すこととなった。5月28日より続いたリーグ戦16試合連続未勝利が災いして残留を逃してしまった同クラブだが、来季以降も直近のリーグ戦で発揮しているチーム全体のハードワークを継続し、1年でのJ1復帰を果たせるかに注目が集まる。