ジェイが2ゴールで勝利に導く

写真拡大

[11.18 J1第32節 清水0-2札幌 アイスタ]

 13位・北海道コンサドーレ札幌(勝ち点34)と、14位・清水エスパルス(同31)とのJ1残留争い、直接対決は2-0で札幌が勝利。残り2戦で降格圏16位・甲府との勝ち点差を9とし、2001年以来2度目のJ1残留が確定した。

 試合は前半11分に動く。ペナルティーアーク手前からMF荒野拓馬が左に展開。MF石川直樹が上げたクロスをファーサイドのFWジェイがヘディングシュートを叩き込み、札幌が先制に成功した。清水も31分に右クロスからゴールネットを揺らしたが、FW金子翔太のGKク・ソンユンへのファウルで得点は認められなかった。

 札幌は前半39分、左サイド深くからMFチャナティップが中央へ仕掛け、こぼれたボールをMF兵藤慎剛、DF福森晃斗とつないで横パスをジェイが左足で押し込み、2-0とリードを広げた。前半のうちに1点を返しておきたい清水は、アディショナルタイムにFKの混戦からFW北川航也が決定的なシュートを放ったが、クロスバー上に外れてしまった。

 後半立ち上がりから反撃に出る清水は、なかなか札幌の守備を崩せず、20分には右サイドからMFミッチェル・デュークがクロスを上げるが、白崎のヘディングシュートはGK正面を突いた。流れを変えようと21分、FW長谷川悠を投入。27分には、FW鄭大世とMF村田和哉をピッチに送り込み、攻勢を強めた。

 だが、札幌は清水のサイド攻撃、鄭大世と長谷川に放り込むクロスに冷静に対応。GKク・ソンユンを中心に清水に得点を許さず、2-0で完封勝ち。J1残留を自力で決めた。


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ

●[J1]第32節2日目 スコア速報