松尾諭、吉田大八監督最新作『羊の木』出演決定 錦戸亮演じる主人公の同級生役に

写真拡大

 2018年2月3日に公開される錦戸亮主演映画『羊の木』の追加キャストとして、松尾諭の出演が発表された。

参考:キャスト・監督が登壇予定! 錦戸亮主演『羊の木』完成披露試写会に10組20名様をご招待

 本作は、2014年文化庁メディア芸術祭優秀賞を受賞した、山上たつひこ×いがらしみきおの同名コミックを、『桐島、部活やめるってよ』『紙の月』の吉田大八監督が映画化したヒューマン・ミステリー。過疎問題を抱える地方都市が仮釈放中の受刑者を受け入れるという前代未聞の“国家の極秘プロジェクト”として、さびれた港町の平凡な市役所職員・月末が、“全員元殺人犯”という衝撃の事実を抱えた男女6人を受け入れたことにより、町が静かに変わり始めていく模様を描く。

 極限状況に巻き込まれていく主人公・月末を錦戸が演じるほか、月末が想いを寄せる女友達役に木村文乃、暗い過去を持つ6人の移住者役に北村一輝、優香、市川実日子、水澤紳吾、田中泯、松田龍平が名を連ねる。

 このたび出演が発表された松尾が演じるのは、錦戸演じる月末の同級生・須藤勇雄役。そのほか、月末が勤める市役所の後輩・田代役を細田善彦、元殺人犯を受け入れる町の住人役を中村有志と安藤玉恵、月末の父親・亮介役を北見敏之がそれぞれ演じることが発表されている。(リアルサウンド編集部)