会心の2ゴールを決めたジェイ。試合終盤は献身的に守備にも貢献した。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[J1リーグ32節]清水0-2札幌/11月18日/アイスタ
 
 J1リーグ32節の清水対札幌が18日、IAIスタジアム日本平で行なわれ、札幌が2-0で勝利した。勝点3を得たアウェーチームは、ジェイが2ゴール。4日の練習中に起こしたてんかん発作の影響を感じさせない充実のパフォーマンスで、チームを勝利に導いた。
 
 1点目は開始早々の11分、石川直樹のクロスを得意のヘッドで合わせてゴールに流し込む。さらに39分には、福森晃斗の横パスを受けて2点目を決めた。ジェイはここ5試合で6ゴールを量産しており、Jリーグ月間MVPに輝いた10月の好調を維持しているようだ。また、札幌はこの勝利で、16位・甲府との勝点差を9とし、J1残留を確定させた。
 
 一方の清水は3試合ぶりの黒星を喫し、順位は14位のまま。甲府との勝点差は3で、予断の許さない状況に追い込まれた。この試合でエースの鄭大世が戦線復帰したのは朗報だが、残り2試合もシビアな戦いを強いられそうだ。