逆転優勝へ厳しい状況は変わりないが、鬼木監督はまず自分たちの結果次第であることを強調して試合に臨んだという。(C) SOCCER DIGEST

写真拡大

[J1リーグ32節]川崎 1-0 G大阪/11月18日/等々力

 川崎が終盤の決勝点でG大阪を破り、鹿島の優勝に待ったをかけた。

 圧倒的に攻め込みながらも、なかなかゴールを奪い切れない。そんなじりじりとした展開に、川崎の鬼木監督も地面を叩き悔しさを露わにした。
「やはり、点を獲らないとリズムが出ない。そういうなかで今日は我慢強くやってくれた」

 82分、CKからエウシーニョがGKの股を抜く技ありシュートを決め、ついに先制。川崎はこの1点を守り切って、しぶとく逆転優勝に望みをつないだ。

 指揮官は苦しみながらも白星を拾った選手たちを讃えた。
「前後半を通してよくやってくれた。今シーズン、苦しいなかでも我慢強くやっていこうということでやってきて、今日もなかなか点は取れなかったが、苦しみながらもセットプレーでよく取ってくれた。本当に良かったと思います」

 そして、勝点4差で迎える残り2試合。次節、川崎の試合(浦和戦)に先立って、3日早く試合を迎える鹿島が柏に勝利すれば、その時点で鹿島の優勝が決まってしまうが、指揮官は「数字で言うと他力だが、自分たち次第だということで今日も挑んだ。そういう意味では、ここから巻き返せる限りやっていきたい」と語り、逆転優勝に望みを懸けた。