柏がACL権獲得へ貴重な白星! OGで磐田を退ける《J1》

写真拡大

▽明治安田生命J1リーグ第32節の柏レイソルvsジュビロ磐田が18日に日立柏サッカー場で行われ、1-0で柏が勝利した。

▽ACL出場権獲得を狙う4位の柏(勝ち点55)と6位の磐田(勝ち点54)が激突した。ホームの柏は、2-2で引き分けた前節の川崎フロンターレ戦から中谷、栗澤、ディエゴ・オリヴェイラに代えて鎌田、大谷、中川を起用。対する磐田は、2-1で勝利した前節の横浜F・マリノス戦から宮崎に代えて高橋を起用する1点を変更した。

▽試合は立ち上がりからボール保持率を高めてパスをつないでいく柏が押し気味に進める。すると、柏は29分に試合の均衡を破る。脱ぐサイドで仕掛けた伊東がゴール前に鋭いクロスを供給。これをファーサイドでクリアしようとした磐田DF櫻内のオウンゴールを誘い、柏が先行する。

▽ハーフタイムにかけては磐田が盛り返す。対する柏はクリスティアーノを生かしながらカウンターで対応。44分には縦パスからボックス右角付近のクリスティアーノが素早く右足を振る。しかし、強烈なシュートはわずかに枠をはずれた。

▽迎えた後半も白熱の攻防が繰り広げられる。ハーフタイム明けに櫻内を下げて上原を投入した磐田の名波監督は、59分には川辺に代えて松浦を送り出す。

▽柏は66分、キム・ボギョンのCKに正面のクリスティアーノが頭で合わせる。これがネットインするも、ファウルの判定があったとしてゴールは認められない。逆に磐田は76分、単騎で仕掛けてボックス左に抜けたアダイウトンがシュートに持ち込むも、うまく前に出てきたGK中村の好ブロックに遭う。

▽その後、柏はリードを保ったまま試合終了。上位対決を制し、ACL出場権獲得に近づいている。