メルセデス・ベンツ『Cクラス』改良型、2台の最新プロトタイプをカメラが初めて捉えました。無防備に停められたシルバーボディはシュトットガルト、ホワイトボディはスペインでそれぞれ撮影されたものです。

シルバーの開発車両は、ヘッドライトとテールライトのテーピングのみというほぼフルヌード状態で、ベンチレーションを含むフロントバンパーの新デザインが完全露出しています。またホワイの開発車両は、ヘッドライトとテールライトの新グラフィックが確認できます。

室内には最新のインフォテインメントシステムを持ち、現行モデルのコントローラーに代わって小さなタッチパッド「COMANDコントロールパッド」を装備されます。その上にあるボタンでは、ホーム画面に戻ったり、アクセスしたりすることが可能になるようです。

パワートレインは新開発の2リットル直列4気筒エンジン、直列6気筒エンジン、ハイブリッドがラインナップされると思われます。ワールドプレミアは、早ければ2018年1月にもあるかも知れません。

(APOLLO)

初公開!メルセデス・ベンツ Cクラス改良型をキャッチ。バンパーもヘッドライトもリニューアル?(http://clicccar.com/2017/11/18/532962/)