本田を平昌五輪代表に押す声は多いが…

写真拡大

 伊藤みどり、浅田真央、村上佳菜子――歴代のトップフィギュアスケーターたちの巨大な写真に見守られ、気持ち良さそうに氷の上を滑る子供たち。見事にスピンしたかと思えば、尻もちをつく。そのたびに明るい歓声がこだまする。

 ここは名古屋にあるスケートの聖地・大須スケートリンクだ。60年以上の歴史を誇る名門リンクは、伊藤や浅田だけでなく、安藤美姫(29才)や中野友加里(32才)ら数々の世界的なスケーターを輩出したことで知られる。

 3人の写真の横には、「祝宇野昌磨 世界選手権準優勝」の横断幕が掲げられ、ギャラリーコーナーには、浅田らのサイン色紙やシューズなどが所狭しと展示されている。

 リンクの外には、ダウンコートを羽織って、スマホでわが子の動きを必死で追い、動画を撮影する母親たちがいた。腕を組み、じっと見守る父親の姿もある。

 同リンクでは、4才から中学生までの子供を対象にしたスケートスクールを連日開催しており、入門の基礎クラスからフィギュア専科、スピードスケートの専科まで用意されている。

「よろしくお願いします!」。リンク中央に集合した子供たちの挨拶が、練習開始のシグナルだ。およそ60人のちびっ子スケーターがリンクを回り始める。ピンク色のフリルがかわいらしい衣装をまとう子もいれば、ジャージー姿など普段着のままの男の子もいる。ジャスティン・ビーバーの軽快なビートが流れ出し、徐々に上がるテンポ。スピンやジャンプといった高度な練習も加わる。フィギュア専科に5才の娘を通わせる30代の母親が言う。

「娘が羽生(結弦)くんの大ファンで、テレビを見ていて『やってみたい!』と言い出し、始めました。去年入って、基礎クラスからスタート。週1回のクラスを半年ほど受講した後、フィギュア専科に移りました。専科で頑張れば、クラブチームに入って大会に出ることも夢ではありません。もしかしたら、真央ちゃんのようになれるかも…なんて思うとつい応援にも力が入ってしまいます」

 今や野球やサッカーと並ぶ人気スポーツの代表格に成長したフィギュアスケート。日本スケート連盟によればその競技人口は約5300人。10年前と比べると2000人近く増えているそう。

「子供がフィギュアを習いたいと言うので、教室に連れて行ったら満員で入会を断られてしまった」

 といった“待機選手”が出るほどの隆盛ぶりだ。退会待ちの予約まで一杯になっている教室もある。競技人口の増加に比例し、トップ層の選手たちの技術は一段と向上した。

◆同い年ながら正反対の本田真凛と樋口新葉

 平昌五輪まで3か月を切った今、前大会よりも1枠少なくなった女子の五輪出場2枠をめぐる争いは激化している。その筆頭に位置するのは、2016年の世界選手権で準優勝を飾り、日本のエースに成長した宮原知子(19才)だ。今年1月に股関節の疲労骨折が発覚し、11か月に及ぶリハビリ生活を余儀なくされたが、11月10日のNHK杯で復帰。日本勢最高の5位を記録し、復調をアピールした。

 彼女を追うのは、今年シニアデビューを果たしたばかりの本田真凜(16才)だ。すでに『KOSE』や『ロッテ』など3社のCMに出演するタレント性はもちろんのこと、2016年に世界ジュニア選手権で優勝した経験を持ち、その実力は折り紙付き。16才とは思えない高い表現力と愛くるしいルックスは“ポスト浅田真央”との呼び声が高い。ほかにも“ノーミスの天使”の異名を持つ三原舞依(18才)、スピードが持ち味の樋口新葉(16才)、166cmの長身と長い手足を生かしたダイナミックな演技に定評のある本郷理華(21才)など多士済々。誰が代表入りしてもおかしくないハイレベルな状況である。スケート連盟関係者が言う。

「華があってメディアからの注目度もピカイチの本田を代表にしたい、という声が数多く上がっているものの、まだ16才と若いため、やはり本命は宮原でしょうか。また、本田と同い年の樋口も注目株です。アスリート意識が強く負けず嫌いで『こういう結果を出したい』『勝ちたい』とビジョンが明確にある」

 表現力が武器で繊細でかれんなスケートが持ち味の本田と、負けず嫌いで「ジェット噴射」と形容されるほどのスピードが最大の武器である樋口は同い年ながら性格もスケートも正反対だ。

「樋口は優勝を目標としていた2016年の世界ジュニアで、初出場の本田に優勝をかっさらわれて以来、強くライバル視するようになったそうです。本田の方は、天真爛漫で気にしていないみたいですが…(笑い)。ただ、アスリートは悔しさを味わわないと成長しない。この平昌五輪の代表争いが、今後の成長に繋がるのではないでしょうか」(前出・スケート連盟関係者)

 一方の男子は、絶対王者の羽生結弦(22才)と、昨年、史上初めて4回転フリップを成功させた宇野昌磨(19才)の2枚看板が揃い、五輪でのワンツーフィニッシュに期待が高まっている。

 元フィギュアスケーターで、現役時代にグランプリ(GP)シリーズNHK杯優勝などの実績がある中野さんは、現役選手たちのレベルの高さに脱帽している。

「現在のフィギュアスケート界は、私の現役選手時代と比べても飛躍的に進化を遂げ、層の厚い日本の女子選手の中で五輪代表権を勝ち獲るのはとても難しくなっている。特に10代の若い選手たちは、難しい連続3回転ジャンプを簡単に跳ぶだけではなく、『これを表現したい』という確固たる芯があって、表現力が素晴らしい。音楽に合わせてコーチの言われた通りに滑っていた私たちの時代とは、格段にレベルが違います」

 次から次へと新たな才能が生まれてくるフィギュア界は、百花繚乱の様相を呈している。

※女性セブン2017年11月30日・12月7日号