広島、残留に向けて大きな一歩! パトリック投入直後弾で神戸を下す

写真拡大

 明治安田生命J1リーグ第32節が18日に行われ、ヴィッセル神戸とサンフレッチェ広島が対戦した。

 スコアを動かしたのはアウェイの広島。17分、細かいパス交換から左サイドを突破すると、高橋壮也のクロスを走り込んだ稲垣祥が強烈ヘディングシュートを叩き込んだ。

 神戸もすぐに追いつく。27分、左サイドからの横パスを渡邉千真が受けると、ファーストタッチでエリア内に進入。寄せてくるDFを体でブロックしながら切り込み、右足でゴール右に流し込んだ。

 後半に入り70分、パトリックが投入されるとすぐに結果を出す。72分、右サイド深くから椋原健太がクロスを送り、ファーサイドにいたパトリックが競り勝ちってヘディングシュートを放つと、ワンバウンドしたボールがゴールに吸い込まれた。残り時間10分強で広島がリードを奪う。

 神戸はルーカス・ポドルスキのバー直撃シュートや渡邉の決定機などがあったがゴール奪えず、終了のホイッスル。リードを守り切った広島が2−1で勝利し、残留に向けて大きな勝ち点「3」を手にした。

 次節、神戸は26日にアウェイでセレッソ大阪と、広島はホームでFC東京と対戦する。

【スコア】
ヴィッセル神戸 1−2 サンフレッチェ広島

【得点者】
0−1 17分 稲垣祥(サンフレッチェ広島)
1−1 27分 渡邉千真(ヴィッセル神戸)
1−2 77分 パトリック(サンフレッチェ広島)