川崎、逆転優勝に望みをつなぐ勝ち点3! 土壇場エウシーニョ弾でG大阪撃破

写真拡大

 明治安田生命J1リーグ第32節が18日に行われ、川崎フロンターレとガンバ大阪が対戦した。

 この一戦に敗れるとJ1優勝の可能性が消滅する川崎。古巣対決となる阿部浩之が5試合ぶりにスタメンとなった。一方、公式戦で10試合勝利から見放されているG大阪は、倉田秋や井手口陽介ら欧州遠征を行っていた日本代表組も先発に名を連ねている。

 前半はスコアレスで折り返すと、川崎は53分に小林悠、続く57分は大島僚太がミドルシュート、さらに59分にはFKからエウシーニョが頭で合わせたが、GK東口順昭が攻守を連発。なかなかゴールを割れないでいたが迎えた82分、中村憲剛のCKを家長昭博が頭で落とすと、最後はエウシーニョが押し込む。

 試合は1−0で終了。川崎が逆転優勝に望みをつなぐ勝ち点3を獲得。一方のG大阪は公式戦11試合勝利なしとなった。

 次節、川崎はアウェイで浦和レッズと、G大阪はホームで北海道コンサドーレ札幌と対戦する。

【スコア】
川崎フロンターレ 1−0 ガンバ大阪

【得点者】
1−0 82分 エウシーニョ(川崎)