最近、いたるところのお掃除に大活躍の重曹。様々な使い方のある重曹ですが、水に溶かして「重曹スプレー」にしておくと万能アイテムに変身するのは知っていますか?この記事では、重曹スプレーの作り方と使い道についてご紹介していきます。

基本の重曹スプレーの作り方

用意するものは、重曹と水、それから重曹スプレーを入れるスプレーボトルの3つです。水100ccに対して重曹を小さじ1杯を、スプレーボトルに入れて混ぜ合わせればできあがり。蓋をしたスプレーボトルを振ればすぐに混ぜ合わさりますね。水は冷たいものではなく、少しだけ温度のあるぬるま湯にしておくと重曹がすぐに溶けます。用意する重曹は工業用や薬用などありますが、食用のものを用意しておくと万が一口の中に入っても安心ですよ。

掃除用の洗剤として使える

重曹スプレーの主な使い道と言えば、やはり掃除ですね。埃がべったりと付着した場所や、油汚れの酷い場所などに重曹スプレーを吹き付けてみましょう。重曹は弱アルカリ性ですから、酸性の汚れを中和して落としやすくしてくれます。キッチン周りや家具、水回りなどの掃除に最適です。特にコンロやシンクなどのキッチン周りには、料理による油汚れがたくさんついています。調理器具も一緒に重曹スプレーで綺麗に掃除しておきましょう。

服や靴の臭い消しになる

重曹スプレーは臭い消しにも使えます。例えば食事のときに臭いがついた衣服や、汗で臭くなってしまった靴に靴下など…。衣料品に重曹スプレーを吹き付けると、皮脂汚れなどを中和して嫌な臭いを消し去ってくれます。臭い消しに重曹スプレーをつくるときは、水と重曹を混ぜ合わせるときにアロマオイルを何滴かプラスしてみましょう。重曹スプレーに香りがつきますから、嫌な臭いを消した上でアロマの香りを上書きすることができますよ。

重曹を使ってはいけない場所

掃除用の洗剤としても臭い消しとしても使える重曹スプレーですが、使ってはいけない場所や物も要チェックです。日本の家には多い畳、これに重曹をかけると畳がダメージを受けてしまいます。いぐさで出来ている畳と重曹が反応することで、変色したり傷んだりしてしまうのです。また、アルミ製品に重曹をかけるのもやめましょう。アルミは重曹で黒ずんでしまいます。アルミ製品を綺麗に洗いたいときは、重曹ではなくてクエン酸を使うのがおすすめですよ。


writer:さじや