Jリーグ全試合の配信を行うDAZN【写真:Getty Images】

写真拡大

 英パフォームグループが提供するライブストリーミングサービス「DAZN(ダ・ゾーン)」で、18日に行われている明治安田生命J1リーグ第32節の試合の視聴が困難となる不具合が発生した。

「DAZN」ではJリーグ全試合の試合映像の生配信を行っているが、18日14時からキックオフされた横浜F・マリノスセレッソ大阪戦では映像の配信が頻繁に止まってしまう問題が発生。一時的に、全会場の動きをマルチ画面で伝える番組「Jリーグ・ゾーン」の中で横浜FM対C大阪戦をメインとした配信を行うという対応が取られた。

 前節終了時点で5位に位置する横浜FMと3位に位置するC大阪の対戦は、3位以内での来季AFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場権獲得を争う直接対決。13分にMFダビド・バブンスキーの得点で横浜FMが先制したが、本来の放送枠では得点場面を見られなかった視聴者が多かったと予想される。

text by 編集部