機械に仕事を奪われる時代…と言われていますが、ここはさすがに人間の方が上だろ!という物もあります。職人とかもその一つですよね。バイクのレーサーだって同じ…でしたが、バイクに乗れるロボットが現れてからはそれも一概には言えなくなりました。

今回はYAMAHAのMOTOBOTが進化してロッシに挑むそうです!

MOTOBOTとは一昨年YAMAHAが発表した自律ライディングロボット。バイクの車体には一切手を加えず、フルノーマルの状態のYZF-R1を運転する超ハイテクロボットです!

最初の目標として時速200km以上でのサーキット走行としていましたが、これはなんとクリアしていたんです。しかも、ちょうど200kmとかじゃなくて230kmくらい出しちゃってます!

ガッツリバイクに乗れているのは確実ですね!

数々の涙ぐましい努力のもと、進化を遂げてきたMOTOBOT。今回はサーキットを走ってバレンティーノ・ロッシのタイムを抜いてやろうという挑戦!

果たして勝ててしまうのでしょうか!?

ラップ計測がスタート。MOTOBOTの計算速度は人間なんて目じゃありません。1/1000秒という速度で次の動作を考え、ズレがあれば即座に修正します。

しかも有名レーサーたちのライディングを参考にアップデートされまくっているため、この時点でもう世の大体のライダーより速いでしょう! ライン取りやブレーキングポイント、スロットルを開けるポイントなど感覚ではなく計算でできてしまうのだから凄い…。

ただ問題はバイクを操るための重心移動や体重のかけ方。こればっかりは柔軟に動く人間には勝てないようです。ロッシとMOTOBOTの比較画像を見ても明らかにバンク角が足りてません。

寝かせりゃ速いってもんじゃないですが、これは勝負にもかなり影響してくるんじゃないでしょうか?

最強の計算ライディングロボット vs 気合と努力の天才現役レーサー。気になる結果は?!

今回はロッシの勝利。やはり現役トップレーサーの壁は大きいようです。ただ、ロボットの敗北は人間とは違います。データを集められたことによって次回はさらに精度を上げられます。

しかも現状で差はついていますが、全く同じバイクでこれだけの差しかないってやばくないですか?

ガード類はついてるものの、ロボット用じゃなくて普通に売ってるR1ですよ? これはロッシを超える日もそうそう遠くはないという印だと思います!

ロッシも期待を込めたコメント。今後の進展に目が離せません!

ちょっと目を離していた間にここまで成長しているとは思いませんでした。ただここから先はライン取りではなく、荷重移動のほうが重要になってきそうな感じがします。

このクラスのレーサーって、コーナーの進入でリアタイヤがグリップを失っていたり、立ち上がりでも無理やり開けるので荷重移動は命です。MOTOBOT自体がバイクの上で動けないため、これはクリアするのは至難の業なんじゃないでしょうか?

そこら辺もどうしていくのか気になる所です!

(ライター:佐藤 快/Moto Be バイクの遊び方を提案するWEBマガジン)

【関連記事】


【ライダーの疑問】すり抜けってどうなの?警察官に聞いてみた


【夜ツーのススメ】夜の空港はブラッとツーリングに最適なスポットだった


【ROCK】音楽好きにはたまらない!ギターペイントのヘルメットがかっこ良すぎる!


ケツ痛解消できんの?ライダークッション「ワイルドアス」を500kmツーリングで使ってみた結果

YAMAHAの「MOTOBOT」がついにロッシとバトル!バイクでもロボットは人間に勝てるのか?(http://clicccar.com/2017/11/18/529647/)