宇野昌磨【写真:Getty Images】

写真拡大

フランス杯SP、冒頭の4回転ジャンプで失敗 「ショーマは少し苦戦しました」

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第5戦・フランス杯は17日(日本時間18日)、男子ショートプログラム(SP)で宇野昌磨(トヨタ自動車)は、首位につけたハビエル・フェルナンデス(スペイン)に続く93.92点で2位発進となった。大会を中継したIOC運営の五輪専門チャンネル「オリンピックチャンネル」の海外解説者は「少し苦戦しました」としつつ、「ショーマは優雅でした。緩めることなく全てを簡単に見せるところが素晴らしかった」と言及している。

 宇野にとって、決して満足のいく演技ではなかった。ビバルディの「四季」より選んだ「冬」に乗せて、冒頭の4回転フリップに挑むも転倒。その後、4回転-3回転を成功させるなど立て直したが、ノーミス演技のフェルナンデスとは10点以上の差をつけられてしまった。

 演技を終えると、大きく呼吸しながらしばらく頭上を見つめていた宇野。中継した「オリンピックチャンネル」では、解説者は「ショーマは少し苦戦しました」と切り出した。

「最初の4回転は良いテイクオフではありませんでした。十分な高さ、空中での回転を得られませんでした」と減点を受けた4回転フリップの失敗に言及。しかし、ミスにも動じずその後の4回転-3回転の連続ジャンプ、トリプルアクセルを決め、スピンやステップでも最高レベルの評価を得た点を「ショーマは優雅でした。緩めることなく全てを簡単に見せるところが素晴らしかったです」と評価した。

実況の「五輪金メダル候補」の言葉に解説者も「疑いの余地なく」と太鼓判

 男子は羽生結弦(ANA)が右足首の負傷でGPシリーズ第4戦・NHK杯を欠場。ソチ五輪金メダリストのGPファイナル出場の道が絶たれ、フェルナンデスも第3戦の中国杯で6位と波乱の展開を迎えている。解説者も「このグランプリシーズンは『確実なものは何もない』という話だと思います。上から下までスケーターが下降したり上昇したり、今まで見たどのグランプリよりもドラマティックで情熱的です」と混戦であることを伝えた。

 キスアンドクライで得点表示を待つ際、実況が「オリンピック金メダル候補だ」と口にすると、解説者も「ノークエスチョン(疑いの余地なく)」と宇野に太鼓判。まずはフリーの演技で今大会3位以内を確保し、12月のGPファイナル出場を決めたいところだ。