女子十二楽坊・石娟(シー・ジュエン)がインタビューに応じた

写真拡大

中国伝統楽器の女性音楽グループ「女子十二楽坊」が、日中国交正常化45周年を記念して、11月27日(月)から東京、千葉で9年ぶりに単独日本公演を開催。

【写真を見る】“ザテレビジョンといえば”のレモンをモチーフにしたパネルを持ってニッコリ!

今回、2003年に日本武道館を含む全国ツアーや「第54回NHK紅白歌合戦」(NHK総合)に出場するなど、日本で社会現象を巻き起こした頃からメンバーの一人として活躍していた石娟(シー・ジュエン)に話を聞いた。

本公演の見どころや新しいメンバーが加わった“新生・女子十二楽坊”の魅力について語ってくれた。

また、好きな日本の文化、食などを探りながら、音楽を愛してやまない石娟の素顔を直撃!

――9年ぶりの単独日本公演を前にした現在の心境は?

私たち女子十二楽坊は、かつて日本の皆さまに温かく受け入れていただき、成果を出すことができました。

その輝かしい歴史は今でも美しい記憶として残っています。その後、なかなか日本で公演することができなかったので複雑な気持ちもありますけど、今はすごく興奮していますし、期待も大きい。

全力投球できるために、ベストの状態で臨めるよう準備を進めています。

――「いつか、また日本で」という思いはありましたか?

それは、ずっとありました。メンバーたちも同じ気持ちだったと思います。日本のマーケットや私たちを取り巻く環境が変わっていく中、中国をはじめ、他の国で公演しながらチャンスを伺っていました。

――この9年の間で、石さんの心境に変化は?

創始者の王暁京先生が亡くなられたことは、私にとってもグループにとっても大きかったと思います。実は昨年、自分で会社を立ち上げて、女子十二楽坊を傘下に置きました。

昔はメンバーの一人として自分のパフォーマンスだけを考えていれば良かったんですけど、今はメンバー全員のことやグループの将来についても責任がある立場に。今までとは比べものにならないくらいのプレッシャーがありますね。

でも、プロとしてしっかりと運営していきたいという強い思いを持って取り組んでいます。

――メンバーがかなり変わったんですよね?

今回は、1/3以上が新しいメンバー。以前とは違うスタイルの私たちをお見せすることができると思います。

全員女性なので、これからも結婚して家庭に入るメンバーも出てくると思うので、どんどん“新しい血”が加わっていきますよ。

――メンバーになるための基準のようなものはあるんですか?

まずは、中国の中央音楽学院でトップレベルの卒業生であることが必須条件。それと音楽との向き合い方も重要ですね。もちろん、ビジュアル的なものも大切ですけど、人間性を考えないといけない。

コンサートでは大体2時間ぐらい演奏をします。これは、決して短くない時間ですよね。成熟した技術が求められますし、私たちの場合は指揮者がいないから記憶力も問われる。

いかに、正確に演奏できるのかということが大事になってきますね。そのため、昨年から練習生を取って、育成に力を入れています。

――今回のセットリストのポイントは?

「自由」をはじめ、曲目の半分は日本でも演奏していたなじみのある曲。半分は、新しい曲で構成しています。「花は咲く」は、今回の日本公演のために作りました。

――「奇跡」のリニューアルバージョンも演奏される予定だとか。

はい! 打楽器や電子楽器など、いろいろな要素を取り入れて、今まで以上ににぎやかな感じになっていると思います。

音に幅が出た点を楽しんでもらえるとうれしいですね。スケール感も大きくなって、迫力のある音になっていますよ。 

――皆さんの演奏技術はもちろんですが、衣装も気になるところ。

演奏するときは、みんな動きが激しいんです。そのため、担当する楽器によってデザインが変わってきます。色の統一性はありますけど、その中で一人ひとりの個性が出るような衣装になっている点に注目してほしいですね。

仙女みたいな雰囲気を醸し出しているパターンや漢の時代の民族衣装っぽい感じ。中国の古典的なものや、今の流行を取り入れることを意識するようにしています。

――世界各国で演奏されていますけど、日本のお客さんの特徴は?

皆さん、時間通りにいらっしゃいます(笑)。それと、演奏が終わると必ず拍手してくださるので、すごくうれしいです。以前、私が担当している琵琶の模型をいただいたことがあるんですよ。ファンの方が作ってくださったもので、私の名前が刻まれていました。

あれは感激しましたね。情熱的な方は、中国や他の国など、海外にまでついて来てくださって。愛されているなと感じました。

アメリカだと、演奏中に歌いだしたり、踊ったり。自由にコンサートを楽しむ方が多いです。国ごとによって、お客さんのリアクションが違うので面白いですね。

――日本の文化については、どんな印象を持っていますか?

伝統文化の伝承がすごいなと。中国も伝えてはいるんでしょうけど、日本には敵わないですね。

日中の文化のルーツは同じだとよく言われていることもあって、お互いに影響し合っている点がいいなと思っています。

――日本の好きな場所は?

私自身が北方出身なので北海道が好き! 寒さには強いですよ。北に行けば、おいしいものがたくさんありますしね。私は、お刺身や海の幸が大好きです。

――日本の秋冬の味覚で楽しみにしているものは?

季節に関係なくお刺し身です(笑)。季節によって旬の魚が変わってくると教わったので、楽しみにしています。日本料理は北京でもよく食べていて。美味しいだけではなく、目で味わうこともできますし、健康的なところもいいなと思っています。

――ちなみに、中国の秋冬の味覚は何がおすすめですか?

やっぱり、火鍋。辛いものと辛くないもの、どちらかを選べます。

――石さんはどっちを食べますか?

私は絶対、辛い火鍋。辛くないとイヤです(笑)。

――普段、仕事以外ではどんな音楽を聴いていますか?

主に流行曲です。中国だけではなく、日本やアメリカ、ヨーロッパなど、それぞれの国ではやっている曲を聴くようにしています。もちろん、民族音楽や古典の曲も聴きますよ。いろいろなジャンルを自分の中に取り入れて曲作りのヒントになればいいなと思っています。

――今後、日本でやっていきたいことは?

今度の公演の反応によって、またいろいろと考えていきたいですね。来年は全国ツアーも企画していますし、新しいCDもリリース予定。もう、準備を始めています。

今後はもっともっと日本で活動して、若い人たちにも聴いてもらえるような曲をどんどん作っていきたい。

個人的には日本のアニメ音楽が好きなので、アレンジとか何らかの形で携われることができたらいいですね。これからも、応援をよろしくお願いします!(ザテレビジョン)