育児休業の取得期間が2歳までに延長 原則は1年で特別な事情がある場合のみ

ざっくり言うと

  • 育児休業の取得期間が10月から最長2歳まで延長可能になった
  • 原則は今までどおり1歳までで、特別な事情がある場合のみ認められるという
  • 延長期間についても、育児休業基本給付金は支給される

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング