望月衣塑子(もちづき・いそこ)1975年、東京都生まれ。慶應大卒。2000年に東京・中日新聞に入社し、これまでに地方県警、東京地検特捜部などを担当。武器輸出や軍学共同の取材にも注力してきた。著書に『武器輸出と日本企業』など。

写真拡大

■官房長官の定例記者会見に注目が集まる

自民党への迂回献金をめぐる「日本歯科医師連盟事件」では新聞報道をきっかけに政治家などの逮捕者が出た。この大スクープを2004年に報じたのは東京新聞入社4年目、望月衣塑子記者だった。

一連の捜査主体であった東京地検特捜部へは、取り扱う事件の社会的反響の大きさから、各新聞社はエース記者を送り込む。全国紙のベテラン記者を地方紙の4年生記者が出し抜いたことにもマスコミ関係者は驚かされたことだろう。

望月記者が今年6月から菅義偉官房長官の定例記者会見に出席しだすと、世間で話題になった。安倍晋三総理への「忖度」があったと疑われる加計学園問題などについて、質問を繰り返す彼女の一挙手一投足に国民が注目した。

会見で菅氏から出てくる回答はほぼ「ゼロ」。それでも果敢に攻める背景には地方の事件記者時代に言われた言葉がある。

「“夜討ち朝駆け”を続けた警察官からある日『東京新聞だから君に情報を教えるわけではない。君が事件に対して情熱を持っているからだ』と重要な情報を私だけに教えてもらったことがありました。その刑事も人一倍、捜査に情熱を注ぐ人でしたから自分の熱意が伝わったのかとうれしくて。最後に人を動かすのはパッションなのではと思ったのです。菅さんにそれが伝わるかはわかりませんが(笑)」

■記者として責任を果たさないといけない

一方で「官房長官会見は政府の公式見解を聞く場だ」「貴重な会見時間を無駄にしている」などと批判も受けた。脅迫電話もあったという。「正直、怖い」と本音を漏らす。

それでも「政府見解だけでよければ、秘書官が練り上げた文章を紙で出せばいい。会見に出られる特権を持つ記者として責任を果たさないといけない」と力を込める。

「国会の前では今日も政府に必死な思いで何かを訴えている人がいます。会見に参加したくてもできない人の声をできる限り政府にぶつけるため、私は質問をやめない」

■自分は「極めて普通な人」

本書には望月記者の歩みがつづられる。「最近持ち上げられるけど、極めて普通な人なんだってことをわかってほしい」。

記者としては功績より失敗や辛い経験が多く、取材先の特捜に呼び出され取調室に缶詰めにされたことも。

望月記者は何かあっても「トホホ……」とつぶやいたあとは、底抜けの明るさで過去を振り返らない。「記者を目指す人や元気がない人にもこの本を読んでほしいな」。

(プレジデント編集部 鈴木 聖也 撮影=横溝浩孝)