【11月18日の注目ドロー】フェデラーらが決勝進出を目指す[ATPファイナルズ]

写真拡大

「ATPファイナルズ」(11月12日〜11月19日/イギリス・ロンドン/室内ハードコート)シングルスでは、日本時間11月18日夜から早朝にかけて準決勝が行われる。

18日夜に行われる第1試合は、ラウンドロビンを全勝で勝ち上がってきたロジャー・フェデラー(スイス)とダビド・ゴファン(ベルギー)の対戦。

今年「全豪オープン」と「ウィンブルドン」を含む7つのタイトルを獲得したフェデラーに、ゴファンが挑む。ゴファンはラウンドロビンで、王者ラファエル・ナダル(スペイン)をフルセットの末破り、ランキング4位であるドミニク・ティーム(オーストリア)も圧倒して勝ち上がってきており、調子は良い。

2人の過去の直接対決はフェデラーの6戦全勝。ゴファンが初めてフェデラーの壁を打ち破れるか注目だ。

日本時間19日早朝に行われる第2試合は、フェデラー同様全勝で勝ち上がったグリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)と、ジャック・ソック(アメリカ)の対戦。

ディミトロフはラウンドロビンでのセット獲得率は85.71%、ゲーム獲得率は68.85%とフェデラーを上回る結果を残しており、今大会最も調子の良い選手と言える。一方のソックは直前の「ロレックス・パリ・マスターズ」で初めてマスターズ1000のタイトルを獲得するとともに、大逆転で今大会出場を決め、ラウンドロビンも突破し、今一番勢いに乗っている。

2人の過去の直接対決はソックが3勝1敗でリードしているが、どちらも勢いがあるだけに試合の展開は読めず、特に必見の一戦だ。

◇   ◇   ◇

【11月18日の注目ドロー】

◆シングルス 準決勝

ロジャー・フェデラー(スイス)対ダビド・ゴファン(ベルギー)

グリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)対ジャック・ソック(アメリカ)

(テニスデイリー編集部)

※写真は全勝で準決勝へ進んだフェデラー
(Photo by Kieran Galvin/NurPhoto via Getty Images)