上質でベーシックなだけじゃない。Uniqlo Uの最旬コーデ6選

写真拡大

ベーシックな服以上に、どこか凝っているデザインの服が好き。一見普通の服に見えるけど、さりげなく、こだわりぬかれた上質な服を着たい。その願いを叶えてくれるのがUniqlo Uです。今シーズンのコンセプトは、“毎日をよりよくする服”。着心地のよさもスタイルアップも叶えてくれる服は、どれも完売必至! 今回は、人気スタイリストの村上若菜さんが、最旬の秋冬コーデをレクチャー。洗練されたコーデは必見です!

トレンドのコーデュロイはワイドパンツで取り入れる

秋冬のワードローブに新しく取り入れたい、コーデュロイのワイドパンツ。太めのシルエットですが、ハイウエストかつタック入りなので、もたついた印象を回避できます。ボトムスにボリュームがある分、トップスをコンパクトにすると◎。

トレンドカラーの深いグリーンにイエローを合わせることで、メリハリのあるコーデになります。靴はボトムスと同じようなカラーをチョイスすると美脚に見えますよ。

【アイテム情報】

コーデュロイワイドパンツ+E 3,990円
カシミヤクルーネックセーター(長袖) 6,990円
カシミヤマフラー 4,990円

主役級のコートでシンプルスタイルを格上げ

シンプルで洗練されたデザインだけど存在感のあるラップコートは、今季に取り入れたい主役級コート。細身デニムやヒール靴を取り入れるなど、バランスを整えると◎。

あえてコートの上からウエストマークをしないことで、今年らしく着ることができます。

【アイテム情報】

ダブルフェイスラップコート+E 14,900円
サテンTブラウス(長袖)+E 2,990円
ハイライズシガレットジーンズ(丈標準70cm) 3,990円
クリーンベルト 2,990円

リブセーターを着るだけであか抜けコーデに

人気のリブセーターは、秋冬ワードローブの必需品。サイドに縫い目のないホールガーメントという製法で、ボディラインをきれいに見せてくれます。インナーやアウターで着こむ季節には、あたたかさと同時に軽やかさも実現したリブセーターが活躍しそうです。

街に映える赤を選んだこのコーデは、ほかのアイテムをネイビーで統一することで、映画に出てくるようなフレンチスタイルになります。

【アイテム情報】

3Dメリノリブモックネックセーター(長袖) 3,990円
ハイウエストチノワイドパンツ(丈標準69〜71cm) 2,990円
デニムジャケット 3,990円

スウェットパーカーでお出かけスタイルを作る

スポーティなスウェットパーカーは、スキニーなどのボトムスと合わせて休日コーデに……という人が少なくないはず。Uniqlo Uのスウェットパーカーなら、立体的だけど大きく見えないコンパクトな作りになっていて、街で着ても素敵に見えます。

ボトムスにはトレンドのコーデュロイ素材のスカートを、小物は男性ものにすることでまとまりのあるコーデに。

【アイテム情報】

ウールブレンドスウェットプルパーカ(長袖)+E 3,990円
ハイウエストコーデュロイフレアミディスカート 2,990円
ショルダーバッグ 1,990円
ヒートテックタイツ(60デニール) 790円

Iラインスカートで女性らしさを際立たせる

ボディラインを美しく見せてくれる縦長のリブスカートは、トップスをインすることで脚長効果アップ。

ブラウスやヒール靴を合わせて女性らしいコーデもいいけれど、ダウンジャケットやスニーカーなどのメンズライクな着こなしもおすすめ。媚びるも媚びないもコーデ次第!

【アイテム情報】

メリノブレンドIラインスカート+E 2,990円
ウルトラライトダウンコンパクトジャケット(キルティング) 4,990円
バックパック+E 3,990円
ソフトニットフリースハイネックT(長袖) 1,500円

フリースカーディガンで一気に甘コーデに

ネックラインがすっきりとしているアウターが多い昨今、あえて立ち上がらせてボリュームアップさせているフリースカーディガン。

素材とボリュームが大きい分、ボトムスで足首を出したり、髪の毛をまとめたりすることでバランスがよくなります。暗い色を着がちな秋冬だから、アウターはオフホワイトで軽やかな印象にしてみましょう。

【アイテム情報】

フリースカーディガン(長袖)+E 4,990円
カシミヤタートルネックセーター(長袖) 6,990円
スマートスタイルアンクルパンツ(グレンチェック) 2,990円

「シンプルなあの人、私とどこがちがうの?」って言われたい。

ベーシックでシンプルな服なのに、ほかよりも洗練されている。街中で見かけるおしゃれな人は、もしかしたらUniqlo Uを取り入れているのかもしれません。こだわりのあるアイテムを、ぜひその目で確かめて!

※価格はすべて税別です

※出典
ユニクロ(http://www.uniqlo.com/jp/)
ユニクロtoday’s pick up(http://www.uniqlo.com/jp/news/topics/2017101302/)

(藤田かおり/マイナビウーマン編集部)