馬場雄大【写真:編集部】

写真拡大

北海道戦でキャリアハイの22得点、3点プレーや連続ダンクで見せ場を作る

 男子プロバスケットリーグ「Bリーグ」は17日にB1第9節が行われ、東地区首位のアルバルク東京が76-81でレバンガ北海道に敗れた。キャリアハイの22得点を叩き出す獅子奮迅の活躍を見せた大型ルーキーの馬場雄大は、「チームは負けたけど、個人的にはすごく収穫が多かった」と前を向いた。

 無限の可能性を示したゲームだった。

 22歳になったばかりの馬場は、8-14とリードを許した第1ピリオド残り4分55秒に登場。マッチアップした北海道の大ベテラン折茂武彦の上からジャンプシュートを決めれば、第2ピリオドにはパスカットから豪快なダンクを見せた。一時13点差をつけられた苦しい場面ではギアを上げ、味方のシュートが外れたところをフォローして2連続で3ポイントプレーに成功。12得点、5リバウンドを記録して前半を折り返した。

 A東京は北海道との差を縮められず、第4ピリオドには15点差まで広げられた中、馬場が連続ダンクを決めて反撃。その後も攻撃を牽引し、逆転も射程圏内のところまで挽回したが、最後は折茂や桜井良太らに要所で得点を決められてしまい、76-81で敗戦を喫した。

エース田中の負傷欠場で芽生えた“自覚” 折茂も称賛「本当に勢いがある」

 馬場は今季16試合目にして、島根スサノオマジック戦の14得点を大きく上回るシーズンハイの22得点をマーク。積極的に攻撃を仕掛けた背景には、ひとつのきっかけがあったという。

「日頃、(田中)大貴さん任せだなと感じた。(前節の)千葉戦からこの試合にかけてそういう雰囲気が嫌で、『自分がやらなきゃ』という気持ちが強くなって、積極的にやるようになったと思う」

 A東京は島根戦で平均11.1得点を挙げている田中が負傷。左大腿四頭筋の筋挫傷(全治2〜3週間)で欠場が続いている。エース不在が闘争心に火をつけたのだ。馬場の若さあふれるプレーには、対峙した47歳のレジェンド、折茂も称賛の言葉を贈る。

「馬場君は本当に勢いがある。(筑波大在学中でありながら)B1のトップリーグであれだけ自信を持ってプレーできるわけですから、今後日本を代表するプレーヤーになるし、おそらく日本代表でも活躍する。一緒にやれることが刺激になりました」

「個人的にはすごく収穫の多い試合だった。次につなげていきたい」

 もっとも、前途有望な馬場にも課題もある。日本代表活動との掛け持ちで、チーム練習に参加する回数が限られ、コンビネーションはまだまだ発展途上だ。ルカ・パヴィチェヴィッチHCも、「今日はしっかり結果を残した」と前置きしつつ、リクエストも忘れない。

「馬場にはこのような大事な試合、重要な局面で影響力の高いプレーを求めている。彼の能力はまだまだ伸びる。もっともっと成長して、チームに貢献していってほしい。スキル、ポテンシャルは高い選手ですから、彼に今後必要となるのはチームのシステムをしっかり理解することになるでしょう」

 馬場自身、チーム2位の出場時間(27分)を与えられたことにHCからのメッセージを感じ取っている。

「代表合宿でチームを抜けたりして、なかなかスタートで使えない状況。成長してほしいという想いもあってこういうプレータイムなのかな、と。途中のターンオーバーだったり、最後の折茂選手にレイアップを決められたところは『まだまだ詰めが甘い』と言われました。まだまだ成長過程だと思うし、次はミスがないように。チームは負けてしまいましたが、個人的にはすごく収穫の多い試合だったので次につなげていきたい」

 北海道戦を「覚醒」の足掛かりとできるか。無限の可能性を秘めたヤングスターから目が離せない。