中国航天科技集団第一研究院はこのほど北京で「宇宙輸送システム発展ロードマップ2017-2045」を発表し、「長征」ロケットの能力建設のビジョンと発展の青写真を系統的に計画した。

写真拡大

中国航天科技集団第一研究院はこのほど北京で「宇宙輸送システム発展ロードマップ2017-2045」を発表し、「長征」ロケットの能力建設のビジョンと発展の青写真を系統的に計画した。人民日報が伝えた。

同計画は以下のように計画している。

長征主流ロケットは2020年までに世界一流水準に到達し、低コスト中型ロケット「長征8号」の初飛行を実現する。

2025年前後には再利用可能な亜軌道宇宙船を開発し、亜軌道宇宙旅行を実現する。

2030年前後には大型ロケットの初飛行を実現し、有人月上陸事業を力強く支える。

2035年前後にはロケットの完全な再利用を実現し、スマート化と先進動力を特長とする未来の次世代ロケットの初飛行を実現し、高性能スマート化宇宙輸送システムを広く応用する。

2040年前後には未来の次世代ロケットを応用し、動力2段再利用宇宙船を開発し、原子力スペースシャトルの重大な進展を実現し、小惑星鉱産物採掘及び太陽光宇宙ステーションを実現する。

2045年には宇宙出入りと宇宙輸送の方法に画期的な変革をもたらし、宇宙エレベーター、アースステーション、宇宙中継基地の建設を実現する見通しだ。(提供/人民網日本語版・編集YF)