30代のころは、深夜にこってりとした豚骨ラーメンを食べても平気だった。しかし、アラフィフとなった今、深夜はおろか、昼間でもまったく食べられなくなった。だから、ラーメンはもっぱら昔ながらの中華そばを好んで食べている。しかし、今どきのラーメンはこってり系が主流。澄んだスープのあっさり系はかなり少数派なのだ……。

1日限定10杯!? アラフィフにおすすめ! 大注目の屋台ラーメン

30代のころは、深夜にこってりとした豚骨ラーメンを食べても平気だった。

しかし、アラフィフとなった今、深夜はおろか、昼間でもまったく食べられなくなった。

ラーメンに限らず、脂っこいものはお腹がもたれてしまうのだ。

だから、ラーメンはもっぱら昔ながらの中華そばを好んで食べている。

しかし、今どきのラーメンはこってり系が主流。澄んだスープのあっさり系はかなり少数派なのだ。

日々、美味しい中華そばを探しまわるなかで見つけたのが、地下鉄新瑞橋駅近くにある『屋台ラーメン おすぎ』。

毎週火〜金曜日の夜11時半から店を開いている。

まず、シンプルな「ラーメン」(780円)をご覧いただこう。

染みきったスープにやや縮れのある麺。

具材はチャーシューとメンマ、ネギ、糸唐辛子。もう、見るからにアラフィフ好みのど真ん中。

続いて、名古屋のご当地ラーメン「台湾ラーメン」(980円)。

巷の台湾ラーメンは、辛さが暴力的だが、これは辛さよりもスープに溶け込んだ台湾ミンチの旨みやニンニク、ニラのパンチを感じる。

すごく味にまとまりがあるのだ。

メニューは上記の2種類と「ラーメン」のチャーシューを増量した「チャーシューメン」(980円)の3種類のみ。

しかも、それらを合わせて1日10杯限定だという。

仮に980円の「台湾ラーメン」と「チャーシューメン」が10杯売れたとしても、1日9800円の売り上げにしかならないではないか……。

「実は私、本業は料理研究家で、この屋台の目の前にある料理教室を経営しています。

家庭料理を中心に教えているのですが、老若男女問わず支持される味を研究する中で行き着いたのがラーメンだったんです。

毎日食べても飽きない味をめざしています」と、店主の杉浦友祐さん。

杉浦さんこだわりのスープは、チャーシューを仕込む際に使うタレに和風ダシを合わせ、かくし味に自家製のニンニク醤油をくわえている。

最後の一滴まで飲み干せるやさしい味わいだ。

夜中に食べてもお腹はまったくもたれることがなかった。

何度も書くが、1日10杯限定である。

売り切れる前に行くべし!

屋台ラーメン おすぎ

愛知県名古屋市南区駈上1-11-29
[TEL]052-693-5758
[営業時間]23時半〜売り切れ次第閉店
[定休日]月、土、日

永谷正樹(ながや・まさき)
1969年生まれのアラフィフライター兼カメラマン。名古屋めしをこよなく愛し、『おとなの週末』をはじめとする全国誌に発信。名古屋めしの専門家としてテレビ出演や講演会もこなす。