このはじける笑顔を待ってます!(写真は「伊藤園レディス」)(撮影:上山敬太)

写真拡大

いよいよ今年の賞金女王は3人に絞られた。鈴木愛が2013年の森田理香子以来となる日本勢女王となるのか、キム・ハヌル(韓国)が日韓の女王の座につくのか。はたまたイ・ミニョンがアン・ソンジュ(ともに韓国)以来となるツアー参戦初年度でタイトルを手にするのか。今回はプロ野球選手として読売巨人軍時代に優勝、監督として横浜DeNAベイスターズを率いた中畑清氏に、追うものと追われるものの精神状態について話を聞いた。
スマイルクイーン、キム・ハヌルのフォトギャラリー
中畑氏が賞金女王争いで一番気になっているのが鈴木。「賞金ランク1位のプレッシャーかなぁ。最近笑顔がないなぁ。あの笑顔でプレーしている子だったんだけど」と心配な様子。「最近リアクションとか魅せる雰囲気にない感じがするな。勝負にこだわっているところは大事なんだけど…ちょっと自分に腹立っているようなリアクションが多いかな。強いプロだからファンを魅了するような仕草を見せて欲しいね」。期待しているからこそ、日本勢最上位に求めるハードルも高い。
先輩アスリートとして、鈴木にはもう少し腰を落ち着けてはどうかとアドバイス。「追うものが強いとは良く言ったもの。“負けていいかな”という立場にいるわけだから。守る方がプレッシャーがあるのは当然。でも、その重圧というのはその位置にいる人しか味わえない。そこにみんな行きたくてやってるんだから。そのプレッシャーがどれだけ良いものかは到達した人にしか分からない。そう考えて“来るもの拒まず”と、どーんと構えて欲しい。ジャンボさんみたいにね。ファンを楽しませて欲しいな」と最後はエールを送った。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

賞金ランク1位の鈴木愛は足踏みにため息「何も上手くいかん」
鈴木愛 優勝すれば女王戴冠の可能性も「予選突破が第1目標」
中畑清が“セクシークイーン”アン・シネを好評価「あのプロ精神はすごい」
女王争いに望みつなぐ!キム・ハヌルが執念の予選突破
中畑清も絶賛!“セクシークイーン”アン・シネのフォトギャラリー