心臓手術は「午後」がベスト!(depositphotos.com)

写真拡大

 リール大学(フランス)のDavid Montaigne教授らの研究グループは、心臓手術(大動脈弁置換術)は「午前」よりも「午後」に実施したほうがより良好な転帰につながるとする研究成果を「The Lancet」10月26日オンライン版に発表した(「HealthDay News」2017年10月26日)。

 発表によれば、研究グループは、大動脈弁狭窄症を発症し大動脈弁置換術を「午前に受けた298人」と「午後に受けた298人」の計596人の医療記録を500日間追跡した。

 その結果、追跡期間中に心血管イベント(心血管死、心筋梗塞、急性心不全による入院の複合)が発生するリスクは、「午前に手術を受けた患者群」よりも「午後に手術を受けた患者群」が50%も低かった。この低リスクは、午後に手術を実施すれば「患者11人中1人」の心血管イベントを回避できる可能性を示唆している。

心臓は概日リズム(体内時計)による影響を受けるため午前の手術は修復能が低い

 また研究グループは、大動脈弁狭窄症患者88人を対象に、ランダム化比較試験も実施した。

 その結果、「午前の手術に割り付けられた群(44人)」と比べて「午後の手術に割り付けられた群(44人)」は、周術期における「心筋トロポニンT」の流出が少なく、心筋組織の損傷度が小さかった。さらに、患者から採取した心臓組織検体の遺伝子解析を行ったところ、「午後に手術を受けた群」の組織は、概日リズム(体内時計)に関連する287の遺伝子の活性力が高かった。

 Montaigne教授は「心臓は概日リズム(体内時計)による影響を受けることから、午前は心臓の修復能が低いので、術後のアウトカム(結果・成果)に関係する可能性が高い。午後に手術すれば、術後の心血管イベントのリスクを低減できるかもしれない。したがって、午後に手術を受ければ、概日リズムに関連する遺伝子に作用するため、心臓を保護する薬剤の開発にもつながるだろう」と期待を込めている。

概日リズムの不思議なメカニズム「ホメオスタシス(生体恒常性)」の神秘

 このような「午前より午後にアドバンテージあり」とする知見は、バイタル・データ(血糖値、血圧、心拍数、体温など)や概日リズムを重視する臨床現場では、よく見られる現象かもしれない。

 あらゆる生物に内在する概日リズムは、光、温度、食事などの外的刺激を受けると、約24時間周期で修正され、変動を繰り返している。

 つまり周期が乱れれば、24時間に同調しない周期となる(フリーラン)となるため、脳の視交叉上核の影響によって概日リズムが乱れ、時差ボケや睡眠障害につながりやすい。概日リズムの乱れによる時差ぼけは、海外旅行で誰もが経験しているように、重い疲労感、失見当識、不眠障害などに悩まされる。

 だが、概日リズムが長期的に乱れると健康が深く阻害されるので、決して侮れない。冒頭の記事で明らかなように、概日リズムの乱れは特に心血管障害を発生させるリスクが高いので、概日リズムを考慮して投薬すれば、薬効を高め、副作用を抑制できる。

 たとえば「アンジオテンシン変換酵素阻害薬 (ACE)」 は、夜間の血圧を降下させ、左心室の組織再構築(リモデリング)に効果があるとされる。

 また、概日リズムは、内分泌・代謝系や自律神経系にも影響を与える。たとえば「内因性カテコラミン」は、活動を開始する起床時〜午前にかけて分泌されるので、早朝に血圧が高まる。だが、概日リズムを喪失すると、夜間に血圧が上昇する概日リズム障害を起こすため、高血圧が悪化しやすくなる。

 そのほか、概日リズムが乱れると、冠攣縮性狭心症なら副交感神経優位となる夕刻に発作が多くなる。気管支喘息なら日中に分泌される内因性ステロイドホルモンが減少する夕刻〜明け方にかけて発作が強まる。また、糖尿病なら午前は午後よりもカテコラミンやステロイドの影響を受けるため、インスリン需要が高まるので、午前のインスリン注射が多くなる。

 このように、概日リズムが長期的・慢性的に乱れれば、重篤な健康障害を招きかねない。

 手術は午前か? 午後か? 概日リズムの不思議なメカニズム! 知れば知るほど、ヒトのホメオスタシス(生体恒常性)の神秘を感じざるを得ない。
(文=編集部)