生きづらい日本を離れ、タイの首都バンコクに身を移した彼ら、彼女らの実態とは(写真:Suwin / PIXTA)

日本から飛行機で約7時間。東南アジア主力都市の一つ、タイの首都バンコクでは、現地にあるコールセンターで多くの日本人が働いている。といってもコールセンターは東京に本社を置く日本企業のそれで、働いている日本人は日本語で電話に応対し、業務内容も日本のコールセンターと変わらない。
そこには日本社会のメインストリームから外れた、もう若くはない大人たちが集まっている。非正規労働者、借金苦、風俗にハマる女、LGBTの男女――。生きづらい日本を離れ、行き着いた先にあるのは何か。フィリピン在住のノンフィクションライター、水谷竹秀氏が、成長を止めた日本のもう一つの現実を描いた新著『だから居場所が欲しかった。バンコク、コールセンターで働く日本人』から一部を抜粋する。

一日500円で生活

バックパッカーとみられる欧米人観光客の若者たちで辺りはごった返していた。夜更けのバンコク、カオサン通りは歩行者に開放され、欧米人たちは瓶ビールを片手に談笑している。

微風が涼しげに吹く2016年2月のある晩。つい最近の寒波の影響だろうか。タイでは珍しく、Tシャツ一枚だけだと少し肌寒いぐらいだ。常夏の南国には似つかわしくない。

カオサン通りとはバンコク中心部からやや西に位置し、バックパッカーの聖地として知られる全長約300メートルの通りだ。私がここを初めて訪れた1990年代後半はゲストハウスたが立ち並び、ザックを背負った世界各国の若者たちがそぞろ歩いていた。20年近く経った現在、しゃれた吹き抜けのバーやクラブがひしめく繁華街へとすっかり様変わりし、まるでサッカーワールドカップのサポーターが集まっているかのような人いきれでむせ返っていた。

そんな喧噪に包まれた通りを歩いて行くと、ちょうど中央辺りに1軒のこぢんまりしたバーが現れる。4階建てのビルの一階に入居するそのバーの入り口で、吉川誠(34、仮名)はターンテーブルを両手で素早く動かし、ハウスのリズムに合わせて体を小刻みに上下させていた。私が彼の方へと近づいて行くと、視線が合った瞬間、吉川は、「うわあ! 来て下さってありがとうございます」とハスキーな声を出し、満面の笑みを見せた。

わずか8席のカウンターしかない小さなバーである。隣では欧米人の若い男女3人が、プラスチック製の容器に注がれたビールにストローを3本さし、回し飲みしていた。

「去年の10月半ばからここで働いています。前はもっと出勤日が多かったんですけど、今はタイ人女性のDJと働く日を調整してやっている感じですね。ちゃんと仕事としてやっています。副業は会社の規定違反なんですけどね」

私がこれまで知っていた吉川とは異なり、この日はいつになく陽気だった。まさかこのカオサン通りで彼がDJをすることになるとは予想だにしていなかったが、目の前の吉川は、異国の地で着実に自分の立ち位置を確立させているように見えた。

「ここでDJをできるのは最高ですね。10年前から遊んでいたこの場所で、自分が今まで好きでやっていたことがおカネになっていることです。カオサンには世界中から旅行者が集まるじゃないですか? それで自分のことを知ってもらい、彼らが世界に伝えてくれるかもしれない。だからものすごく面白いです」

吉川はここで週3回、DJとして午後8時〜午前1時ごろまで音楽を流し続け、日中はコールセンターでオペレーターという二足のわらじを履き、バンコクでの生活を満喫していた。

私が吉川と初めて会ったのは、この10カ月ほど前の2015年春である。彼が住むアパートを訪れた時のことだ。そこはバンコク中心部から少し離れた、MRT(地下鉄)のホイクアン駅からタクシーで10分ほど走った白いアパートだった。

部屋は28平方メートルのワンルームで、一人暮らしには十分な広さだ。家賃は月4800バーツ(約1万6500円)。吉川はバンコクでDJとして独立することを目標にしており、部屋に入ってまず目に飛び込んできたのは、それを象徴するかのような音響機器だった。

「これがわが家自慢のサウンドシステムです。ここに普段使っているDJのセットがあるんですよ。日本で買ったのがこっちのターンテーブルです」

吉川が布を持ち上げると、真っ赤なターンテーブル2つが現れた。近くには2本の縦長スピーカー、その間に黒いDJ機器が誇らしげに置かれている。あとはソファ、ベッド、テレビがあるだけで、ごく普通の男の部屋といった感じだ。

食生活は

ところが冷蔵庫は見当たらない。普段の食生活はどうしているのかと吉川に尋ねると、こんな答えが返ってきた。

「週に3日は夜に卵かけご飯を食べています」

さらに満足げにこう続けた。

「卵かけごはん食べると本当に幸せなんですよ!」

炊飯器で炊いた日本米に、日本食材店で買う6個入り58バーツ(約200円)の卵をぶっかけ、タイ産の醬油を混ぜて食べるのが彼の夕食だった。

(※本記事では直近の為替レートで計算したが、本書では1バーツ=約3円で統一している)

「日本産でなくても、特に味に不満はないのでタイの醬油でかまいません。味がよかったら安いほうがいいじゃないですか? それに醬油の味に敏感になるほどのグルメでもないので」

そう言って吉川は醬油が入った小瓶を持ち上げた。

「卵かけご飯ばかりじゃ飽きるので、その辺の屋台で鳥の唐揚げかソーセージを買って食べる日もあります。冷蔵庫がないので飲み物も飲みたい時にコンビニで買って飲んでいますね。野菜は嫌いなのでほとんど食べません」

吉川の1日の出費をまとめると次のようになる。

朝食は食べない。朝にコンビニで買う水が7バーツ(約24円)、出勤時の地下鉄運賃が21バーツ(約72円)、昼食はコールセンター近くの屋台で35バーツ(約120円)。帰宅時はよほどの激しい雨が降らない限りは職場からアパートまで1時間かけて歩く。夕食は卵かけご飯か屋台で調達するので、毎日の出費はだいたい150バーツ(約515円)以内に収まる。

物価の差はあれ、日本で1日500円、月々にしたら1万5000円程度で生活するのは至難の業だ。

「やっぱり日本人だから日本食も食べたいと思います。そういう時に食べに行く余裕がないっていうのはちょっとつらいところはありますね。ただ、今食べているものとか日々の生活に関しては特別苦しいとは思わないです」

コールセンターの月給が3万数千バーツ(3万バーツで約10万3000円)という事情があるにしても、節約する主な理由は、外での飲み代が必要なためである。プロのDJを目指す吉川は毎週末、クラブに通っている。そのために日々、出費をできるだけ抑えて生活しているのだ。

この日、吉川の銀行口座の残高は2600バーツ(約9000円)。ATMからこまめに引き出すため、残高はつねに頭に入っている。1回の引き出し額は400バーツ(約1375円)と決めて、それで2日間を過ごせば、手元に少し余るという勘定だ。

「だから自分としては400バーツを1週間で2回おろすのが習慣なんですよ。で週末に遊びに行く時は900バーツ(約3100円)をおろす。これは少し多めにおろしていますよね。何でこまめにおろすかっていうと、おカネがあったら使ってしまうからなんです。だったらないことにしておけばいい。今ある分しかおカネは使いませんってことにしてやり繰りしています。水谷さん、この日本人はいったい何なんだと思っているでしょ?」

日常生活の細部を根掘り葉掘り質問したため、そう受け取られてしまったようだ。ただ、吉川は嫌がっている様子は微塵もなく、自分に興味を抱かれていることを、素直に喜んでいるように見えた。

冷ややかな視線

吉川のような30代半ばから40代にかけての、もう若くはない大人が今、バンコクのコールセンターに集まっている。

それはタイ国内に日本の大手コールセンター企業が進出した2004年以降のことだ。以前は中国の大連などに進出していたが、タイについては2002年、工業省管轄のタイ投資委員会(BOI)がコールセンターを投資奨励業種に認定し、コールセンター大手2社がBOIから事業認可を受けたのが始まりだ。

タイに進出している日系企業は2015年6月現在、約4500社(ジェトロ・バンコク事務所調べ)に上り、その数は年々増え続けて、東南アジア域内では最も多い。業種別の内訳は製造業とサービス業でほぼ二分される。これに伴って現地採用者も増えているとみられるが、その中でもとりわけ、コールセンターでオペレーターとして働く日本人に対するバンコク在留邦人社会からの視線は、製造業や商社、人材紹介会社、IT企業、不動産会社などで働く現地採用組に比べるとなぜか冷淡だった。

ある種の蔑みに近いと言ったほうがいいかもしれない。 オペレーターたちも、そんな冷たい空気を感じ取っているように思えた。

バンコクにある大手人材紹介会社の担当者は、コールセンターについてこう説明する。

「言い方がよくないかもしれませんが、タイの日系企業からするとコールセンターで働く人は、“コールセンターでしか働けなかった”っていう印象があります。日本で正社員を経験した人が少なく、ビジネスマナーがなっていないといいますか……。軽い気持ちでタイに来た方が多いのではないでしょうか」

コールセンター内を案内してくれたセンター長も自身の職場が、いかに見下されているのかをありのままに語った。

「バンコク邦人社会の中でコールセンターのイメージってどこか避けて見られるじゃないですか? 何もできない奴らが集まっているって。2ちゃんねるを見ていてもそう思います」

日本最大の電子掲示板サイト「2ちゃんねる」には「バンコクコールセンターに堕ちた人たち……」というスレッドが立っており、コールセンターの待遇やオペレーターたちを誹謗 中傷する過激な書き込みが展開されている(ちなみにそのサイトではコールセンターのことは「コルセン」と省略形で呼ばれている)。

注意深く読むとほとんど差別的ですらある。そもそも「堕ちた」というタイトルからしてすでに上から目線だ。

「オペレーターたちも周りからそう見られているって薄々気付いています。だから劣等感も持っている。でも別にオペレーターたちは悪いことをしているわけではないし、普通の生活を送っているわけで、ご飯を屋台で食べるなどタイの一般庶民と同じような生活をしている。ところが日系企業の駐在員からしたらそれは下にいる人に見えるわけですよね?

すごく蔑まれている気がします。『お前ら日本人だったらもっと高い給料もらえよ』って。でもみなさん真面目だし、悪く言われる筋合いはありません。みんな自分の可愛い部下ですから。世の中に迷惑をかけているのであればもちろん自分も謝りますけど、迷惑なんてかけていません」

センター長としての立場も踏まえた、実に素直な意見だと思った。

バンコクのオペレーターたちが蔑まれる一つの理由として、海外就職に対するかつての華々しいイメージが関係しているようだ。

つまり、「海外で働く人たちは英語が堪能で、能力の高い選ばれた人たち」という先入観である。一方で、ネットに掲載されたオペレーターの応募条件は、‘本語ネーティブ、∪別・語学力不問、9眤瓦22歳以上が条件で、それは「日本語ができれば誰でも務まる」とも解釈できる。

ここに海外就職の理想と現実のギャップが生まれ、わざわざ海外にまで来て日本語しか使わないコールセンターで働くという選択肢が理解されにくいのではないだろうか。

現地採用と駐在員

もう一つは、海外在留邦人社会はその狭さゆえか、見えないヒエラルキーが形成されていることだ。

外務省の海外在留邦人数調査統計によると、2015年10月現在、タイの在留邦人は約6万7400人で、米国(約42万人)、中国(約13万人)、オーストラリア(約8万9000人)、英国(約6万8000人)に続いて5番目に多く、英国を抜く勢いで増えている。東南アジアでは2番目に多いシンガポール(約3万7000人)を大きく引き離して断トツである。

日本で言えば眼鏡で有名な福井県鯖江市、静岡県伊東市などと同規模の自治体に匹敵する数が集まっていることになる。この約6万7000人規模のタイ在留邦人社会だが、退職後の移住組を除けば、大使館などに勤める政府機関職員、民間企業の駐在員、起業家、現地採用組、学生の5つに大別される。

コールセンターのオペレーターを含む「現地採用」とは、日本の本社から海外へ派遣されるのではなく、海外にある現地法人に直接採用される雇用形態のことを指す。

なかでも比較の対象にされやすいのが、駐在員と現地採用者だ。この両者の大きな違いは待遇面である。駐在員の給与は私の取材したところ、年収1000万円前後だ。月給に加え危険手当が支給されるうえ、住居費や車、運転手付きが大半で、福利厚生面は手厚い。

対して現地採用者は駐在員の給与の5分の1〜2分の1程度(勤続年数などにより異なる)で、年金などの社会保障もそれほど充実しているわけではない。それゆえ両者は何かと比較の対象になりやすい。

駐在員側が意識せずとも、現地採用者が駐在員に対してやっかみに近い感情を抱いているのは否定できない事実だ。その待遇格差を反映するかのように、現地採用者が自分たちのことを自虐的に「ゲンサイ」、駐在員の妻たちのことを「チューツマ」と呼ぶなど、駐在員と現地採用者の間には埋め難い溝がある。

ただし、渡航先の国に長年滞在したい、あるいは一生住みたい、と思うのであれば、赴任期間が決まっている駐在員でなく現地採用者である必要がある。しばらく現地採用者として働いた後、起業して活躍しているケースは枚挙にいとまがないから、現地採用者のほうが夢をつかむチャンスはあるかもしれない。

現地採用者の中でも存在するヒエラルキー

さらには現地採用者の中でもヒエラルキーが存在する。

商社や人材紹介会社、不動産や製造業、フリーペーパーなどで働く場合、研修期間は別にして給与は原則、タイの労働省が定める日本人の最低賃金、月額5万バーツ(約17万2000円)からのスタートになる。ところがコールセンターの場合、3万バーツ(約10万3000円)からと最低賃金を下回っている。

理由は、コールセンターという業種がBOIから事業認可を受けて投資奨励恩典が付与されているためで、この場合は最低賃金が適用されない。故に賃金が最低ラインより低めに設定され、企業にとってはこれが人件費の削減につながっているのだ。たとえば、日本の通販業者が電話応対業務をバンコクのコールセンターに外注することで、経費を従来の3分の2程度に削減できるという。

この待遇格差に関する情報は在留邦人社会では周知の事実となっているため、「コールセンターで働く」=「月給3万バーツ(約10万3000円)」と自動的に格付けされがちだ。とはいえ、3万バーツという月収をどう判断するかは微妙なところだろう。タイの物価が日本の3分の1〜5分の1程度であることを考慮すれば、日本で月収15万〜20万円ほどを受け取っている金銭感覚と変わらないような気がする。

オペレーターたちにバンコクでの家賃を尋ねてみると「月5000バーツ(約1万7000円)ぐらい」という回答が圧倒的に多い。つまり残り2万5000バーツ(約8万6000円)で毎月の生活をやりくりすることになる。バンコクの至る所にある屋台でカオパット(タイ風焼き飯)やバーミーナム(タイ風ラーメン)を食べても一食35〜50バーツ(約120〜約170円)で、しかも日本人好みの味付けだ。

ただし、毎日のように日本料理店で定食やラーメンなど(日本で食べる値段とそれほど変わらない)を食べるほどの余裕はない。週末に歓楽街へ飲みに行ったりしたいのであれば、どこかで生活費を削らなければならなくなる。平日の行動範囲にある程度の制限が出てくるのはやむを得ない。

だが裏を返せば、遊興費さえ抑えれば、コールセンターの給与でも十分に暮らせるのがタイの物価水準と言える。ちなみにタイにおける最低賃金は1日当たり、全国一律で300バーツ(約1030円、2017年1月より69都県で5〜10バーツの引き上げが実施された)で、タイ人の平均月収は幹部職や特殊な技術を伴う職種でない限り、1万数千〜2万数千バーツといったところが相場だ。

しかもバンコクは年間平均気温が29度。高温多湿のために蒸し暑く感じることも多いが、寒い時期がないために衣料品に割く費用も日本に比べて圧倒的にかからない。前出の所長が言うとおり、コールセンターは特別服装に気を遣わなくても許される職場のため、世間体を気にせずTシャツに短パンだけで過ごすことも可能だ。

言葉の面について言うならば、タイは英語の通用度は高くないものの、レストランに行けばメニューには写真が掲載され、英語版のメニューが置いてある店も少なくない。だからタイ語に堪能でなくても、日常生活に困ることはほとんどない。何よりタイ人は親日的だ。

つまり、日本人にとってこの国は居心地が好いのである。コールセンターで働く日本人の多くはすでに観光でタイを訪れた経験があり、その居心地の好さを肌で感じている一方、日本で非正規労働者として働いても今や月収20万円を超えることは難しい。最低賃金の低い地方都市であれば月収15万円に満たないのが現実だ。また、2011年に公表された国立社会保障・人口問題研究所の分析によると、日本で働く単身女性の3人に1人が年収114万円(平均月収9.5万円)に満たない「貧困」であることがわかった。

女子大生が風俗に手を染めざるを得ない衝撃的な現実が報道されるこのご時世である。仮に、日本で非正規労働者として困窮生活が続くとすれば、バンコクのコールセンターで働いたほうが経済的にも精神的にも満たされる可能性が高いとも言える。

実際、彼らと接していても特別な悲愴感を感じるどころか、むしろ、日々の業務や残業、接待に追われる駐在員より、自由で気ままな海外生活を送っているようにすら見えるのである。

後々の昇進に響く

私が取材した駐在員はこんな事情を説明してくれた。

「友達との飲み会が入っても、会社の飲み会が入ったら嫌でも優先しないといけません。その点、現地採用で、5年、10年先の会社の地位を考えなくていいとしたら、上司から誘われても個人的な理由で簡単に断れるのかなと。われわれはそんなことをしていたら、後々の昇進に響くことになると思います。

たとえば僕は自分が音痴だとわかっているのでカラオケは嫌いなんです。でも歌わないといけない。パワハラと同じで、カラオケのハラスメントがある。嫌でも行かざるをえない。行って、『僕歌いません』と言うと、『こいつ何だよ!ノリ悪いな』と思われるから空元気で無理して歌います。でも本音は歌えと言われない限りできるだけ歌いたくないですね」

日本の本社から派遣されている以上、任期終了後に帰任した後のことまで考えて行動しなければならない。飲み会や接待も重要な仕事の1つなのだ。駐在という立場、日本企業という看板ゆえの世間体もある。しかも海外の在留邦人社会は狭く、日本料理店が集中している地域も限られているとなれば、なおさら日本人の視線が気になる。故に煩わしいことが多い。


「こんな話があります。お客さんの奥さんのお姉さんが観光で来ていた時のことです。たまたま奥さんの体調が悪かったため、お客さんは奥さんのお姉さんだけを連れてマッサージ店を訪れました。ところが、それを誰かに見られたのか、ママ友つながりで奥さんに連絡が入り、『あなたの旦那さん、知らない女性と歩いていますよ』と告げ口されたんです」

こうなるとほとんど村社会である。日本の地方都市で地元の住民たちが見知らぬ人を興味本位で見るような感覚なのではないか。

駐在員が自分の希望した赴任地に派遣される確率は低い。アジアでもかなりの僻地に派遣されたある駐在員はその時の厳しい住環境についてこう感想を漏らした。

「そこは高層の建物はありませんでした。私は中心部から少し離れた郊外にある唯一の高層の建物に住んでいたのですが、コンドミニアムと言えるような代物ではなく、ゴキブリは出るわ、ネズミも出るわ。最初は驚きましたよ。日本料理店も一軒しかなかったです」

こういった話を聞くといくら待遇に格差があるとはいえ、現地採用者がうらやましがるような生活を必ずしも彼らがしているわけではない、と思わされるのである。