デキるビジネスパーソンは押さえているものです(写真:つむぎ / PIXTA)

商談がうまくいく、ワインのお店選びのポイント

近年、ワインを好むビジネスパーソンが増えています。欧米ではワインの知識は必須で、商談の際にワインが出されることがごく普通でしたが、その傾向は、日本でも年々増えているようです。いまや、ワインはビジネスシーンにおいて大きな武器になっています。

拙著『男のためのハズさないワイン術』でも解説していますが、接待や商談でワインを武器にするためには、まず「お店選び」が重要になってきます。お店は、接待・商談において、最大の味方であり、パートナーになるからです。

ワインのお店選びのポイントは、大きく2つです。

[鼠やワインの好みをはじめ、相手の情報を事前に入手する
△店に予約するときのお店側の対応ぶり&事前リサーチ

,賄たり前といえば当たり前ですが、ワインのある接待・商談では、料理やワインの好み以外にも、誕生日や出身地、好きなスポーツ、ペットを飼っているか、好きな動物、趣味などの情報を事前に入手しておくと、大いに役立ちます。

なぜなら、ワインには、造り手の思い、エチケット(ラベル)や名前の由来など、さまざまなストーリーが隠されているからです。

サッカーや野球、ゴルフなどのスポーツに関するワイン、ネコやイヌ、ライオンなどの動物に関するワイン、映画や音楽、車などの趣味に関するワインもたくさんあります。

また、相手が海外赴任の経験がある方だったら、赴任地をリサーチしておくのもいいでしょう。ワインは世界各国で造られているので、赴任先のワインを用意することもできます。

さらに、相手の生まれ年、会社の創立年、役職の就任年、株式上場年、各種記念の年、配偶者やお子さんの誕生日など、相手の周辺情報を入手しておけば、その年のワインを用意できます。

相手に喜んでもらう、印象を残すためには、相手の情報はささいなことでも事前入手しておきたいものです。

△蓮△店が大事な接待・商談を成功に導いてくれる応援者になってくれるかどうかを見極めるうえで欠かせません。

まず予約時は、ネットではなく必ず電話で予約しましょう。なぜなら、電話の対応でお店の質がわかるからです。予約の際には、必ず次の3つを相談しましょう。

予算

事前に予算を伝えておけば、ソムリエが料理に合ったワインを選んでくれます。商談相手がワインに詳しい人であれば、その旨も伝えます。

どんなシチュエーションか

接待で使う旨をはっきり伝えましょう。料理を出す順番も、お店側が事前に心得てくれます。

ゲストの料理やワインの好み

相手の好みや情報を伝えておきます。誕生日や記念日がわかれば、お店に相談するのもOK。お店によってはデザートにそれにまつわるメッセージを入れてくれます。

下見する際のチェックポイント

さらに余裕があれば、予約したお店を下見しておくと、確度はより高まります。

下見する場合、ワインがおいしいお店のチェックポイントは次の5つです。

□大きなワインセラーがあるか

ワインの管理温度がしっかりとなされている証拠です。

□グラスの種類の多さ

ワインはグラスによって味が変わります。グラスの種類が豊富であればあるほど、ワインにこだわっているお店といえます。キッチンやカウンターの上などにかけてあるグラスをチェックします。

□グラスワインの多さ

グラスワインの多さは、ワインの回転率がいい、ワインがよく出る、ワインにこだわっているお店。目安としては、10種類以上あり、赤、白ともに違った品種で4種類以上。

□メニューにワインの銘柄とともにブドウ品種が書かれている

ワインリストがドリンクメニューとは別にあるお店、生産地やブドウの品種が書かれているお店は期待できます。

□ハウスワインがおいしい

お店の顔であるハウスワインがおいしいということは、ワインに力を入れている可能性が高いといえます。

接待当日は、10〜15分早めに到着して、ソムリエと最終確認しましょう。サービスの順番、テーブルの場所を確認して、あらかじめ席を決めておくことも大切です。

大丈夫? 接待で絶対やってはいけないワインの作法

ワインのある接待・商談には、いくつか基本的な作法があります。相手がワインに詳しい人の場合、それで評価を下げてしまっては、せっかくの接待・商談も台なしになってしまいます。やってしまいがちなワインの間違った作法は以下の10パターンです。

外の景色がいいお店で、外の見える席を勧める

店全体のテーブル配置によりますが、基本的には奥がゲスト、続いてその左です。ホストは手前の通路側に座ります。

気をつけたいのが、外の景色がいいお店の場合です。

外が見える席をゲストに勧めがちですが、意外に「景色を背負う」席を上席とすることが多いのです。

自分がワインに詳しくないからといって、ゲストにワイン選びをお任せ

当日にお店でワインを注文する際、いくら自分よりゲストのほうがワインに詳しいからといって、ゲストにワイン選びをお任せするのはNGです。

ゲストは、価格を気にして、安いものしか選べなくなります。基本的には、ホスト側がワイン注文の舵取りをしましょう。

もしホストがワインに詳しくない場合は、「あまりワインに詳しくないので、お店の人と相談しながら決めましょう」とホストが注文するのがいちばんスマートです。

ゲストにテイスティングをお願いする

「私はわからないので」と言って、ゲストにテイスティングをお願いするのはNGです。それは、ゲストに毒味をさせているようなものです。テイスティングは、傷んでいないか、適正な温度かをみる程度の行為。サッと済ませて、「おいしいですね」「わぁ! いい感じなので、早くお客様に注いでください」と期待を膨らませるコメントを添えると、とてもスマートです。

超有名ワインを略して言う

概して、有名なワインは略して呼ばれることが多いものです。たとえば、「ドン・ペリニヨン」=「ドンペリ」、「ロマネ・コンティ」=「ロマコン」、「ドン・ペリニヨン ロゼ」=「ピンドン」、「オーパス・ワン」=「オーパス」など。これらは、決して品のいい呼び方ではなく、もし相手が気に入っているワインだった場合、小バカにされたと受け取られかねません。略称は慎んだほうがいいでしょう。

ブランデーグラスのように、ワイングラスを持つ

ワイングラスは、丸い本体を「ボウル」、脚の部分を「ステム」と呼びます。ブランデーグラスを持つように、ステムを指で挟み、ボウルを手のひらで包み込むように持つのはNGです。この持ち方だと、体温でワインが温まり、香りや風味が損なわれてしまいます。ステムを指で持つのがベストです。

グラスを回しすぎる

ワインを空気に触れさせて香りや味わいを変化させるために行うのが「スワーリング」です。ボトルにずっと閉じ込められていたワインは、空気に触れさせることで酸化が進み、酸味や渋みが丸くなって、味がまろやかになります。ただ、回しすぎはNGです。回せば回すほどおいしくなるわけではないからです。目安は2〜3回クルクル回す程度。また、回す方向は、自分に向けて回すのがマナーです。もしワインがこぼれても、周囲の人にかからないようにするためです。

ついやってしまいがちな「乾杯」

乾杯のときに、グラスをぶつける

ワイングラスは、薄くて繊細なものが多いので、乾杯のときにグラスをぶつけるのは避けたいところです。乾杯のときは、グラスを胸の高さまで持ち上げて、ぶつけることなく、相手の目を見て「乾杯」と言いましょう。

ワインをもう注がないでほしいときに、「もう結構です」と口に出して断る

「もう十分」というときに、声に出して「もう結構です」などと口に出して断るのはNGです。声に出して断ると、相手やほかの同席者もつられて遠慮してしまいます。もし断るときには、注がれそうになったら、ワイングラスのふちを軽く合図程度に指先で触れるのがスマートです。

中途半端なワインの知識をひけらかす


ついつい相手の興味を引こうと、自分のワインの知識を披露してしまいがちですが、相手の自尊心を傷つけないことが肝心です。自らうんちくを垂れるのではなく、できるだけ相手に話をさせるように会話を広げたいものです。たとえ知っていることでも、「へぇー、そうなんですね!」「知りませんでした」などと受け答えできたらベストです。

また、お店のソムリエを味方につけるうえでも、ソムリエの前であまり中途半端な知識をひけらかすことなく、お店の人やソムリエに話を振って、きちんと説明してもらうのがいいでしょう。

女性にワインを注がせる

海外では、女性が男性にワインを注ぐことはNG、マナー違反となります。ただ、ここは日本ですので、ホストが女性、ゲストが男性の場合はOKです。当然ながら、ゲストの女性が、ホストの男性に注ぐことは完全にマナー違反なので、それは絶対に避けたいところです。