ブルーボトルコーヒーは、クリスマスギフトに向けた『Blue Bottle Coffee Holiday Collection 2017』を2017年11月13日より順次発売している。

【詳細】他の写真はこちら

2002年にアメリカ・カリフォルニアで誕生し、2015年に日本に上陸したコーヒーショップ・ブルーボトルコーヒー。日本の喫茶店文化やおもてなし文化を反映したホスピタリティ、環境面に配慮したコーヒー豆を提供するサスティナビリティを信念に掲げ、徹底的においしいコーヒーを追求している。現在、清澄白河や青山など国内に7店舗を展開、2018年春には京都へ出店予定だ。

毎年ホリデーシーズンになるとギフトセットを販売しているブルーボトルコーヒーだが、今年のギフトセットは創業当時から大事にしてきたクラフトマンシップをテーマに掲げているという。そんな『Blue Bottle Coffee Holiday Collection 2017』でまず注目したいのは、カルフォルニアの希少な品種のコーヒー『カリフォルニア・ゲイシャ・ブレンド』や、厳選したコーヒー豆をセレクトした人気のブレンドコーヒーセット『ブレンドボックス』だ。

また、他ブランドとコラボレーションアイテムも気になるところ。日本のものづくりを支えるプロツールの専門ブランド「TRUSCO」とコラボしたオリジナルツールボックスや、器作家イイホシユミコさんとコラボしたオリジナルカップ&ソーサー2種などを販売している。

そのほかにオンライン限定アイテムとして、ブルーボトルコーヒー発祥の地・オークランドをイメージしたブレンドコーヒー「オークランド・ライツ」とマグのギフトセットや、オリジナルのドリッパーやフィルターなどのコーヒー器具と人気のコーヒー豆「ベラ・ドノヴァン」を詰め合わせたセットなども。

バリエーション豊かなラインナップが用意されているため、自分へのご褒美や日頃お世話になっている方へのプレゼントにも良いかもしれない。

関連サイト



ブルーボトルコーヒー オンラインストア

ブルーボトルコーヒー 公式サイト

textナンスイ(編集部)