ゴファンがティームを圧倒、準決勝最後の椅子を奪う[ATPファイナルズ]

写真拡大

「ATPファイナルズ」(11月12日〜11月19日/イギリス・ロンドン/室内ハードコート)のシングルス・ラウンドロビン6日目グループ〈ピート・サンプラス〉第1試合は、ドミニク・ティーム(オーストリア)と ダビド・ゴファン(ベルギー)が対戦。両者ともにラウンドロビンを1勝1敗としており、この試合に勝った方が準決勝進出となる直接対決になった。結果は6-4、6-1のストレートでゴファンがティームを下し、ラウンドロビンを突破し準決勝進出を果たした。試合時間は1時間11分。

過去の対戦成績は6勝3敗でゴファンが勝ち越している。そのうち、室内ハードコートでの対戦成績は1勝1敗。しかし、そのうちゴファンの1敗は途中棄権によるもの。

◇   ◇   ◇

第1セット、両者ともに落ち着いたプレーを見せたが、先にティームに主導権を握られる。第2ゲームではラリーを制したティームにブレークを奪われ、3連続ゲームを連取されてしまう。第5ゲーム、ゴファンはティームを左右に揺さぶりブレークバックに成功すると、ここから流れはゴファンに。さらに第7ゲームもゴファンがブレークし、6-4で第1セットを先取した。

続く第2セットも流れはゴファンにあった。落ち着いてプレーするゴファンに対し、攻めきることのできないティームは後手に回っているように見えた。ティームはこの状況を打破しようとするが、いつもとは違うプレースタイルに即座に変えることは難しく、ポイントを上げることはできない。一方のゴファンは順調に第5ゲームもブレークし、準決勝に弾みをつける。第6ゲームではティームにブレークポイントを奪われるも、8度のデュースの末になんとかキープ。最後はリターンエースが決まって6-1でティームを破った。

勝利したゴファンは試合後に「友だちとやるのは難しい」と語った。ティームとはコートの内外で仲が良く、お互いのことをよく知りあっていると言う。
また、明日のフェデラーとの戦いについては「自分のレベルを上げて臨む」と意気込みを語った。

敗れたティームは1勝2敗となり、ラウンドロビン敗退となった。昨年に引き続き自身2度目の「ATPファイナルズ」出場だったが、昨年と同じ1勝2敗、ラウンドロビン敗退という結果に終わった。


(テニスデイリー編集部)

※写真はティームを圧倒し準決勝進出を決めたゴファン
(Photo by Clive Brunskill/Getty Images)