メルセデスベンツ伝統のオフローダー『Gクラス』次世代型プロトタイプが、現行モデルを伴い市街地に現れました。1979年デビュー以来、初の大刷新と見られていますが、現行モデルからどのように進化するのでしょうか。

39年振りの次世代型は、ボディ・オン・フレーム・シャシーをベースに約200kgの軽量化を図ると言われています。また独立懸架サスペンションを持ち、トレッドが4インチ(約10cm)拡大されると思われます。ボンネットも低く、フェンダーがワイドになっているものの、その驚異的な人気のため、伝統のボクシーなキャビンは継承されているようです。

パワートレインの詳細は不明ですが、新開発直列6気筒ターボエンジンの搭載が予想されています。スムーズなギアシフトを可能にする「9G-TRONIC」は、上質なスポーツドライビングを実現し燃費も向上します。これまでよりオンロードを意識したモデルとなるとレポートされています。

コックピットには、最新のインフォテインメントシステムとツインデジタルディスプレイを装備、最先端の半自動運転技術の搭載も期待できそうです。

ワールドプレミアは、早ければ2018年1月のデトロイトモーターショーと噂されおり、オーストラリアマグナシュタイヤーのグラーツ工場において生産されると思われます。

(APOLLO)

新旧モデルの2ショット初公開。メルセデス・ベンツ Gクラス次世代型は、直6ターボ搭載!?(http://clicccar.com/2017/11/18/532932/)