「ゴールデンルート」では体験できない日本とは(写真:毛のない羊/PIXTA)

もっとも、「訪日外国人バブル」に沸いているのは一部都市だけなのも事実だ。旅行口コミサイトのトリップアドバイザーがまとめた、外国人観光客が訪れた日本の場所トップ30(2017年版)では、トップが京都の7カ所(トップ10内に3カ所)で、2位は東京の5カ所(トップ10内には2カ所)だった。そのほか、トップ30内にランクインしたのも、東京あるいは京都・大阪近郊の地域だった。

ゴールデンルートだけでいいのか

国土交通省のデータも、同様の結果を示している。2014年後半に集計された、ツイッター上の日本を訪れた観光客によるツイートのキーワードの統計では、「東京」「京都」「渋谷」「大阪」が上位を占めており、「交差点」(渋谷スクランブル交差点)、「メイドカフェ」(秋葉原)、「御苑」(新宿御苑)、「ヨドバシ」と、関東および関西の主要な街の中心部に関係したものも目立っていた。

より広い範囲のソーシャルメディアをカバーする、2015年の同様の国交省のデータでは、新宿、ミナミ、浅草、上野公園、道頓堀、渋谷といった地域が人気で、ほかには広島、富士山、沖縄などの有名観光地に関するツイートも少なくなかった。より最近の国交省による外国人観光客の滞在場所に関する報道発表でも、東京や大阪などに観光客が偏っていることが見て取れる。

が、ここで問いたいのは、外国人観光客はこうした場所を訪れていればいいのか、ということだ。東京に始まり、箱根、富士山、京都、奈良などの場所に立ち寄って、大阪の関西国際空港から旅立つ、いわゆる「ゴールデンルート」は、確かに回りやすいルートではある。

しかし、これが「ゴールデン」なのかどうかは、議論の余地がないだろうか。誤解を恐れずに言えば、特に北米や欧州からの観光客から人気のある京都や広島などは、本当に訪れる価値のあるところなのだろうか。

答えはイエスでありノーでもある。イエスなのは、これらの場所が興味深い現地の文化と、日本の有名な見どころを日本初心者に提供してくれるすばらしい場所だからだ。

一方、ノーなのは、こうした地域は、日本のほんの一部にすぎず、ほかの場所に目を向けずに、こうした場所だけを訪れて満足するのは、多彩な文化や食、自然に恵まれた日本を本当に発見し、体験できる機会を逃してしまうからだ。日本は巨大なメトロポリスであり、「いかにも」な観光地もたくさんあるが、それ以上に奥深い国なのである。

実は筆者もかつては外国人だった(2016年に、日本に帰化)。だからこそ、日本をよく知る「元外国人」として、かつての同胞に本当の日本を知るために訪れてもらいたいスポットを今回は2つ紹介したいと思う。もちろん、このリストは個人的なものであり、日本をよく知る外国人でほかの場所を挙げる人もたくさんいるだろう。

それでも、これが日本を訪れる外国人だけでなく、日本人にとっても、日本の奥深い魅力を知ってもらうために、どういう場所をアピールするべきか、という点で参考になればと思う。

初めて食べた讃岐うどんの衝撃的なうまさ

香川県

日本人にとっては言わずと知れた「うどんの郷」である。実は初めて訪れた際、大して期待をしているわけではなかった。「うどんはどこで食べてもうどんだろう」と思っていたからだ。が、それが、違った。麺はすべて慎重に手作りされ、出しは家族に代々伝わる秘伝のレシピで作られており、それまで食べたうどんとは格が違った。

開店前から扉の前に長い客の列ができる有名店の大半は、1日に1、2時間しか営業しない。うどん1杯60円から100円ということも珍しくなく、「はしごうどん」ができるような、すぐにお腹いっぱいにならないミニサイズのものを提供する店も多い。初めて讃岐うどんを食べて以来、私は岡山か四国北部に行くときは、必ず讃岐に寄り道するようになった。

香川が魅力的だと思う理由の2つ目に挙げられるのが、瀬戸内国際芸術祭である。高松・岡山間の島々と海岸沿いを取り囲み、3年ごとに開催される大規模な現代美術のフェスティバルだ。これらの島々がある瀬戸内海は、日本で最も眺めの美しい場所の1つで、さまざまな形の青々とした島が散らばり、曲がりくねった水路を、フェリーやクルーズ船、漁船が行き来する。

訪れた者はそれぞれの島で、世界でも極めて有名で個性的なアーティストの屋外常設展示や、美術館を楽しむことができる。日本いや、世界中からこの芸術祭に世界各地からやってくる人々や、こうした漁業をなりわいとする小さな島が持つ独特の雰囲気、そして開放感のある芸術祭の空気――これらが混じり合った空間はクリエーティブで、気楽な日本人の一面を教えてくれる。

チャーミングな木造の家、水平線へと続く鮮やかな緑の田んぼ、古い寺や神社、水墨画から出てきたような山の景色のある讃岐地域全体には、「本物の日本」を感じずにはいられない。高松の生き生きとした雰囲気や、絶品の魚介類など、「ゴールデンルート」では味わえない日本のよさが讃岐にはあると感じる。

山陰地方

日本人の多くは、島根と鳥取、この隣り合った2つの県を「不便で魅力がない場所」と考えていないだろうか。実際、ブランド総合研究所が行っている都道府県のブランド力調査(2017年)では、島根県はかろうじて27位に入っているが、鳥取県は41位と下から数えたほうが早い(ちなみに1位は北海道で、9年連続で1位を獲得している)。島根が、それなりに順位が高いのは、出雲大社や石見銀山など全国的に有名な観光名所があるからだろう。

山陰は外国人観光客にとって最高の場所

とはいえ、筆者から言わせれば、この2つの県は、外国人観光客が訪れるのには最高の場所の1つだと確信している。アクセスが悪いと言われているが、実際はかなり簡単に行くことができる。大阪や山陽新幹線の駅から、特急列車で行けるほか、日本に残っている2つの夜行列車の1つ「サンライズ出雲」に乗れば、東京や大阪から米子や松江、出雲に行くことができる。

言わずもがな、鳥取には広大な砂丘がある。旅行者はここでラクダに乗るという非日常的な体験ができるほか、隣接する「砂の美術館」では息をのむような美しい砂の彫刻を楽しむことができる。彫刻は堂々たる大規模なもので、定期的に新たなテーマに合わせて作り替えられる。また、鳥取には日本有数の美しいビーチがある。

一方、松江は、比較的保存状態がいい松江城のほか、見事な庭園で知られる足立美術館、後に小泉八雲として帰化したラフカディオ・ハーンの旧邸宅もある。少し足を延ばしたところにある石見銀山では、日常的に死に直面する銀鉱山労働者の視点から、日本の過去のおぞましい部分を、少しだけ垣間見ることができる。

鳥取・島根の2県では、日本の文化を体験し、歴史を学べるだけでなく、美しいビーチや高くそびえる山々、緩やかな砂丘、そして茂った森といった多種多様な自然に触れることができる。海沿いのドライブも、車窓から見える景色も本当にすばらしい。筆者は両県をまたぐ山陰本線に乗ったことがあるが、これは本当にオススメだ。車窓からは、日本が今のような経済大国になる前の姿が残っている。

また、島根には、日本最高の(そして、かなり過小評価されている)日本酒の酒蔵がいくつかあり、地域住民の地酒に対する愛も深い。陳腐に聞こえることを覚悟で言うが、ここに住んでいる人々は、ゴールデンルートで出会うような人たちよりも、典型的な日本人の生活を送っているように見える。

人は、リラックスするためや逃避するため、買い物をするため、家族や友達と思い出を作るためなど、極めてさまざまな理由で旅をする。エッフェル塔を見に行く人もいれば、バックパックを背負ってラオスの森林を目指す人もいる。動機や行き先がどうであれ、「発見」こそが旅の醍醐味であることは間違いない。

もちろん、京都や東京にもたくさんの発見や刺激がある。しかし、残念なことに近年、世界中の大都市はどんどん似通ってきている。どこに行っても同じ店があり、同じような空気感をまとっている。そして、(これも世界の大都市に共通している問題かもしれないが)、こうした都市は、「外国人が見たい日本」を演出しているきらいがある。

「手つかずの日本」が残っている

一方、山陰や讃岐などには「手つかずの日本」が残っている。こうした場所を訪れることで、外国人は日本に対する先入観を捨て、本当の日本に触れることができる。そこには新たな発見や体験があり、訪れた人に忘れられない思い出、あるいは人生を変えるような感覚を与えてくれる。

ただ、外国人観光客を誘致するには、地元の人たちの努力も必要だ。早急にやるべきなのは、情報冊子の見直しだろう。こうした地域も複数言語に翻訳した冊子を出しているが、たいてい翻訳がお粗末で、まったく役に立たないか、みじんも魅力を感じられない代物になっている。

これは、地方都市に限らないが、日本は冊子を作ったり、複数言語を訳したり、アプリを開発したりすることには熱心だが、外国人は冊子を読みに来るわけではない。彼らは日本を体験するために訪れているのである。それよりは、たとえ言葉が思うように通じなくても、訪れる外国人を心からもてなすことに力を入れるべきだ。

もちろん、ゴールデンルートが悪いわけではないし、訪れた外国人は十分楽しむことができるだろう。が、今後は外国人が「知られざる日本」を体験できるような仕掛けを考えていく必要があるだろう。日本が「観光立国」と標榜できるのは、こうした場所を訪れる深いファンが増えてからだろう。