エーリヒ・ヴォルフガング・コルンゴルト(1897〜1957)。1916年撮影(写真:Ullstein bild/アフロ)

2017年もいよいよ終盤。クラシック界は秋から冬にかけてのコンサートシーズン真っただ中だ。今回はそんな中、静かにメモリアルイヤーを終えようとしている天才作曲家に注目してみたい。


この連載の一覧はこちら

彼の名はエーリヒ・ヴォルフガング・コルンゴルト(1897〜1957)。今年生誕120年、没後60年を迎えたオーストリアの作曲家だ。「20世紀のモーツァルト」と讃えられた驚異の才能は戦争に翻弄され、疎開先に選んだハリウッドで映画音楽の世界に身を投じる。その結果生まれた作品の数々は映画音楽の概念を変え、今を時めく「スター・ウォーズ」のジョン・ウィリアムズ(1932〜)にまで影響を与えたことが知られている。

今再び注目を集め始めているコルンゴルトとは、いったい何者なのか。『コルンゴルトとその時代』(早崎隆志著/みすず書房)、『亡命ユダヤ人の映画音楽』(高岡智子著/ナカニシヤ出版)を参考文献にして、読み解いていきたい。

「まるでモーツァルトのような」神童の誕生

コルンゴルトは1897年5月29日、現在のチェコ共和国ブルノ(当時はオーストリア=ハンガリー帝国のブリュン)で誕生した。父親のユリウス・コルンゴルト(1860〜1945)は、ウィーン最初の新聞の1つ新自由新報の音楽欄を担当する有名な評論家だった。

そのユリウスが2人の息子に敬愛する作曲家のミドルネームを与えたのはごく自然なことだった。長男のハンスはシューマン(1810〜1856)にちなんだロベルト、そして次男エーリヒはモーツァルト(1756〜1791)にちなんだヴォルフガングと名付けられた。ところが、エーリヒはその名をいただいたモーツァルトの再来と称されるほどの神童だったのだ。

モーツァルトの神童ぶりについてはさまざまな形で紹介されている。同時代の大作曲家ヨーゼフ・ハイドン(1732〜1809)は、モーツァルトの父親レオポルドに「誠実な人間として神かけて申し上げますが、貴方のご子息は私の知るかぎり最も偉大な作曲家です。よい趣味と極めて優れた作曲技術をお持ちです」と伝え、ミラノで少年モーツァルトを体験した老大家ヨハン・アドルフ・ハッセ(1699〜1783)は「この少年はいつか私たち全員を忘れさせてしまうだろう」という予言めいた言葉を残したという。

では、コルンゴルトの場合はどうだろうか。11歳のときに作曲したバレエ=パントマイム「雪だるま」を聴いた当時の音楽家たちが作曲者の父親に伝えた言葉は、まるでモーツァルトについて語るような驚きに満ちている。

ドイツを代表する作曲家リヒャルト・シュトラウス(1864〜1949)は「息子さんの驚くべき作品を拝見して言葉もありません。これが11歳の子供が手掛けた作品だと知って頭をよぎるのは戦慄と恐怖。まさに驚異的です」と語っている。さらにベルリン・フィルの常任指揮者アルトゥール・ニキシュ(1855〜1922)は「11歳の少年が書いたということではなく、純粋にこの作品に興奮しています。神がこの選ばれた才能に対して健康を与えますように」という言葉を残している。

10歳で作曲したカンタータ「水の精、黄金」を聴いた作曲家で指揮者のグスタフ・マーラー(1860〜1911)は「天才だ!」と叫び、マーラーの推薦によってコルンゴルトの指導にあたった作曲家アレクサンダー・ツェムリンスキー(1871〜1942)はその脅威の才能に接して「どっちが教える立場なのかわからなくなる」と告白しているのだから恐ろしい。

父親の手厚い庇護の下、その後も順調にキャリアを重ねたコルンゴルトは、1920年にオペラ『死の都』を作曲。ハンブルクとケルンの2都市で同時に初演されたこのオペラは大ヒットを記録し、23歳にしてオペラ作曲家としての揺るぎない地位を確立。大作曲家への道を着実に歩み始めていた。1932年の新ウィーン新聞のアンケートでは、アルノルト・シェーンベルク(1874〜1951)と並んで存命する最高の作曲家に選ばれていることからもその人気と評価の高さがうかがえる。

圧倒的な才能がハリウッド映画界を席巻

順風満帆だったコルンゴルトの人生に大きな変化をもたらしたのは2つの世界大戦だった。ユダヤの血を引くコルンゴルトにとって深刻だったのはヨーロッパに暗い影を落とすナチスドイツの台頭とそれに伴うユダヤ人迫害だ。

身の危険を感じたコルンゴルトは、演出家マックス・ラインハルト(1873〜1943)からの誘いを受けて映画音楽制作のためにハリウッドへの移住を決意。モーツァルトにも比肩される才能が、ウィーンを離れて映画の都へと舞い降りたのだ。

ハリウッドで映画の世界へと身を投じたコルンゴルトはここでも才能を発揮。純音楽の作曲からフィルムに映された映像に音楽を付ける作曲技法への順応ぶりは語りぐさだ。その理由としてあげられるのが、映像と音楽を結び付ける絶妙な時間感覚だといわれている。

ハリウッドのスタジオに初めて足を踏み入れたコルンゴルトの最初の質問が「フィルム1フィートの長さに要する時間はどのくらいでしょう」だったということからも認識の確かさがうかがえる。

当時の映画制作においては、既存のフィルムに収まる質の高い音楽が求められていたのだ。コルンゴルトは、仕事に不可欠とされていたストップウォッチすら使わずに作曲を行っていたという。この優れた時間感覚と共に、後に“時代遅れ”や”ウルトラモダニズム”などと揶揄もされたコルンゴルトの極めつきのロマンティックな音楽スタイルこそが、ハリウッド映画音楽の巨匠への道を切り開いたのだろう。

「スター・ウォーズ」にも影響を与えた革新性

さらに重要なポイントが「ライトモチーフ」の導入だ。ライトモチーフとは、登場人物や状況に付随したテーマ音楽のことで、クラシックの世界においてはリヒャルト・ワーグナー(1813〜1883)が「ニーベルングの指環」の中で象徴的に使いこなしている。このライトモチーフをハリウッド映画の世界に持ち込んだコルンゴルトのスタイルによって映画音楽は大きな発展を遂げることとなる。

今を時めく映画音楽の巨匠ジョン・ウィリアムズによる『スター・ウォーズ』(1977年)の「ダース・ベイダーのテーマ」などはまさにその代表例だ。『海賊ブラッド』(1935年)や『女王エリザベス』(1939年)『シー・ホーク』(1940年)など、冒険談やロマンスが大好きだったコルンゴルトの作品に流れる勇壮なメインテーマとオーケストラを駆使した叙情的なメロディは、前述の『スター・ウォーズ』や『インディ・ジョーンズ』(1981年)『E.T.』(1982年)などの雰囲気そのものの親しみやすさ。コルンゴルトの持つ革新性と後に続く作曲家たちへの大きな影響を感じずにはいられない。

最終的にアメリカで21本の映画音楽を作曲し、『風雲児アドヴァース』(1936年)と『ロビンフッドの冒険』(1938年)でアカデミー作曲賞も受賞したコルンゴルトは、今もアメリカでは映画音楽作曲家と認識されているようだ。試しにアップルミュージックでコルンゴルトを検索してみると、そのほとんどが映画音楽作品であることからもその傾向がうかがえる。

第2次世界対戦の終焉を機に、再びクラシックの世界へ戻ることを夢見たコルンゴルトだったが、時代は変わり、ウィーンは尖った現代音楽が主流。ロマンティックなコルンゴルトのスタイルは“時代遅れ”とされ、失意のうちに人生を終えている。

「私は忘れられたのだ。今の人々は私のことなどまったく知らない」というコルンゴルトが遺した言葉が心に沁みる。

そのコルンゴルトに近年再び光が当たり始めている。代表作であるオペラ『死の都』は世界各地で上演され、映画音楽の美しいメロディを生かして作られた「ヴァイオリン協奏曲」(1945年)は、ヴァイオリニストにとって重要なレパートリーとなり、すでに20世紀を代表する名曲の1つに数えられる存在だ。

ウィーンではオペラ作曲家、ヨーロッパではクラシックの作曲家として認められ、アメリカでは映画音楽作曲家として尊敬されるコルンゴルト。クラシックと映画音楽の二刀流ならぬ二足のわらじを見事に履きこなした彼こそは、近代作曲家のあるべき姿を体現しているのかもしれない。興味を持たれた方はぜひコルンゴルトの音楽に触れてほしい。そして彼の名前を頭に刻んでほしい。いつかきっと彼の時代がやってくる。