Appleが12月に発売予定としていたスマートスピーカー、HomePodの発売が2018年初頭にずれ込むことがわかりました。Apple関係の著名ブログメディアDaring Fireballが伝えたほか、公式サイトの表示も変更されています。

AppleがHomePodの発売延期を発表!

Daring Fireballの著者、ジョン・グルーバー氏は、Appleの本社内でごく一部のジャーナリストを対象に開催された次世代Macについての発表会にも招待されるほど、Appleと強い関係を持っています。
 
同氏は、現地時間11月16日に更新したブログで、Appleの広報担当者から入手した以下のコメントをブログに掲載しています。
 

私たちは、Appleの画期的な家庭用ワイヤレススピーカー、HomePodに人々が触れるのが待ちきれません。しかしながら、お客様にお届けするには、もう少し時間が必要です。アメリカ、イギリス、オーストラリアに、2018年初頭にお届けする予定です

 
このコメントに対してグルーバー氏は「iPhone Xの報道陣向け説明会でもHomePodについて言及されていなかったのでそんな予感はしていた」と以前から発売遅れの予兆があったと述べています。
 
また、「これはAppleには手痛い機会損失だ。今年のクリスマスツリーの下には、たくさんのAmazon Echoが置かれることになるだろう」と、1年間でデジタル機器が最もよく売れる時期であるホリデーシーズンにHomePodを販売できないことの影響を指摘しています。
 

執筆中に発売予定時期が切り替わった!

本稿を執筆中だった11月18日の午前2時前後に、米Apple公式サイトで発売時期が「Available December」から「Available early 2018」に切り替わったのが確認できました
 

「12月発売」と表示された、変更前の米Apple公式サイト


 

「2018年初頭発売」と変更後のHomePod(米Apple公式サイト)

ファームウェアは7月末に流出していたHomePod

HomePodは、2017年6月に開催された世界開発者会議(WWDC 17)で、12月にアメリカ、イギリス、オーストラリアの3カ国で発売予定と発表されていました。現時点でも、日本などでの発売予定については情報がありません。
 
Google、Amazonといったライバルに先行されているAppleとしては、発売よりも半年も前に予告することで、ホリデイシーズン商戦での売上を少しでも取り込みたい考えだったと思われますが、その目論見は崩れてしまいました。
 
8月には、製造を担当するサプライヤーInventecのトップが、「HomePod発売当初の出荷台数は非常に少ないだろう」と語っていたことから、製造上の問題が遅れにつながっていると考えられます。
 
7月末にはHomePodのファームウェアが流出し、各種仕様情報が判明したほか、ファームウェアを解析した開発者らによって、当時は「iPhone8」と噂されていたiPhone Xに関する正確で詳細な技術情報が数多く明かされ、話題を呼びました。
 

 
 
Source:Daring Fireball, Apple
(hato)

 
 

あわせて読みたいiPhone X関連記事

【レビュー】iPhone X シルバー開封の儀&旧機種と外観比較【iPhone X】初期設定がより便利に!旧iPhoneからの移行レポートiPhone Xの料金、性能を徹底比較特集ページiPhone Xの予約・入荷・在庫状況 情報掲示板iPhone Xを予約!オンラインで確実に購入する方法まとめ