17日、香港メディアの鳳凰網が、自衛隊が導入する新型早期警戒機・アドバンスドホークアイについて紹介する記事を掲載した。

写真拡大

2017年11月17日、香港メディアの鳳凰網が、自衛隊が導入する新型早期警戒機・アドバンスドホークアイについて紹介する記事を掲載した。

記事は、11月13日に新型早期警戒機・E―2D(愛称はアドバンスドホークアイ)が、試験飛行を行ったことを紹介。航空自衛隊は現在、E―2C早期警戒機13機とE―767早期警戒管制機4機を運用しているが、E―767は数が少ないため主に日本本土で運用しており、E―2を離島に配備して主に中国に対する警戒に当たっているという。

E―2Cは、第4世代戦闘機に対しては効果的に監視警戒活動が行えるものの、中国は第5世代戦闘機となるJ―20ステルス戦闘機の運用を開始するようになった。E―2CのレーダーではJ―20に対応できないため、日本が苦労して作り上げた空中監視網は作用しなくなってしまうという。

そこで日本は、2014年に大金を投じて4機のE―2D購入を決定。金額は10台のエンジンや4台のAN/APY―9レーダーを含め17億ドル(約1900億円)に達したという。このAN/APY―9レーダーは「対ステルスの秘密兵器」とも呼ばれ、J―20を含むステルス戦闘機を発見できるという。そして、E―2Dの試験飛行は日本に取って大きな一歩だと記事は分析。2018年には配備される予定だと伝えた。

一方で、このレーダーの対ステルス性の効果についてはまだ不確定なところがあると記事は主張。仮に発見されたとしても、かなり近距離になってからであり、遠距離で発見されることはまずないとした。そして、「J―20のステルス性と新型の空対空ミサイルによって、直接撃墜すればよい」と強気の姿勢を見せている。

さらに、「中国軍の早期警戒機の技術力も急上昇しており、KJ―500やKJ―200などの国産早期警戒機を配備すると共に、ED―2に類似した早期警戒機の研究開発も進んでいる。近い将来、中国空母はF―35を発見できる早期警戒機を配備した強力な空母艦隊になるだろう」と結んだ。(翻訳・編集/山中)