@AUTOCAR

写真拡大 (全6枚)

テスラ、2代目ロードスター誕生

テスラは、新型テスラ・ロードスターを発表した。


イーロン・マスクCEOによれば、
・0-97km/h加速:1.9秒
・0-161km/h加速:4.2秒
・0-402mスプリント:8.9秒
を達成するという。

つまり、これまでテスラのラインナップで最も加速性能が優れていたモデルS P100Dを上回るパフォーマンスなのである。


新型ロードスターは、2+2のスポーツカーとして登場。脱着式ガラスリッドを採用したクーペモデルで、後端に向かって絞り込まれたスタイリングのリアセクションが特徴だ。

その最高速度は、402km/hに達するという。
 

航続可能距離998km 量産EV最長


とくに注目すべきスペックは、航続可能距離だ。200kWhのバッテリーパックにより、1回の充電で998kmを走り切るという。これは、量産車としての新記録だ。


そのほかにも、
・360°俯瞰サラウンドビューモニター
・12基の超音波センサー
・前方監視レーダー
など安全装備も充実させている。


納車開始は2020年の予定。はじめの1000台については、価格が$250,000(2815万円)。すでに$50,000(563万円)のデポジットを支払えば予約することができる。

なお1001台目以降は、$200,000(2252万円)という価格付けになる。

なお、AUTOCAR JAPAN上でこの記事をご覧になっている方は、記事下の「すべての画像をみる」ボタンから、外部メディアでご覧の方は、記事下に設けられたリンク『テスラ・ロードスター』すべての画像を見る」から、ほかの画像をお楽しみいただける。