17日、自由時報は、先月ママになったばかりの卓球・福原愛さんが台湾での産後ケア生活を2カ国語で紹介したことを取り上げた。写真は福原愛さん、江宏傑さん。

写真拡大

2017年11月17日、自由時報は、先月ママになったばかりの卓球・福原愛さんが台湾での産後ケア生活を2カ国語で紹介したことを取り上げた。

台湾の卓球選手、江宏傑(ジアン・ホンジエ)さんと結婚した愛さんは先月13日、台湾高雄市の病院で第1子となる女児を出産した。そして今月15日、日本のブログで台湾にある産後ケアセンターでの生活を紹介。これを中国語に訳したものをフェイスブックに投稿しているが、ここには「みなさん、こんにちは。台湾の産後ケアに関する文章を日本のブログに掲載しました。日本人がこの文化を理解し、好きになってくれることを期待します」とのメッセージが添えられている。

愛さんはブログの中で、台湾には「坐月子」という、産後の体を休ませる文化があることを紹介しており、現地の産後ケアセンターで1カ月間、どのように過ごしたかを報告。「しっかりと休み、たくさん勉強させていただいたおかげで、ほんの少しだけ自信をもって自宅に帰ってくることができました」ともつづっている。(翻訳・編集/野谷)