寝つくときの姿勢で見分ける「性格診断」傾向を4つのタイプに分類

ざっくり言うと

  • 1970年代に米国の精神科医が、寝つくときの姿勢を次の4つのタイプに分けた
  • 仰向け寝の人は、自分に注目を集めるのが好きなタイプだという
  • 胎児型に丸まって眠る人は、防御的で抑制が強い人に多いなど

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング