【J1第32節プレビュー】優勝クラブ&今季降格1号が決定の可能性! 川崎Fと新潟がそれぞれの立場でギリギリの今節!

写真拡大

▽明治安田生命J1リーグ第32節の8試合が18日に行われる。

▽残り3節を残すのみとなったJ1リーグ。鹿島アントラーズ以外で唯一優勝の芽がある川崎フロンターレは、ガンバ大阪とホームで激突! 川崎Fの敗北で鹿島の優勝が決まる一戦は白熱間違いなし。また、ACLを巡る、横浜F・マリノスvsセレッソ大阪、柏レイソルvsジュビロ磐田の直接対決も要チェックだ。

▽さらに、残留争いも見逃せない。残留を確定させていないチームは、札幌(勝ち点34)、清水(勝ち点31)、甲府(勝ち点28)、広島(勝ち点27)、大宮(勝ち点24)、新潟(勝ち点19)の6チーム。クラブのプライドとサポーターの想いを乗せ、選手たちは戦いに挑む!

▽5日に先んじて行われた鹿島 vs 浦和(1-0で鹿島が勝利)を除いた、今節8試合の見どころをコンパクトにまとめて紹介する。

◆石井正忠新監督は大宮を救えるか?!

ベガルタ仙台vs大宮アルディージャ

[11月18日(土)14:00]

▽この試合の主役は大宮だ。残留に向けて元鹿島指揮官の石井正忠監督が就任し、この上ない”補強”に成功。マテウス出停も今季公式戦13得点のクリスラン擁する仙台を叩き、浮上のきっかけを掴めるか。

◆勝利のカギは今夏加入選手!?

ヴィッセル神戸vsサンフレッチェ広島

[11月18日(土)14:00]

▽神戸はハーフナー・マイクが前節復帰後リーグ初弾含む2発。2戦連発でチームのJ1通算200勝達成なるか。対する広島は、丹羽大輝がJ1通算150試合目を迎える。残留に向けて3戦連続無得点の前線を援護できるか。勝利へ導く今夏加入選手は?

◆絶体絶命の新潟、”最攻”披露で大量得点なるか?

アルビレックス新潟 vs ヴァンフォーレ甲府

[11月18日(土)14:00]

▽新潟は残り3戦で全勝以外許されない。さらに甲府との得失点差19の逆転も必須。ならば今こそ”最攻”の新潟を見せる時! 対する甲府もドローでは終われない状況だ。中断明けの一戦、総力戦が始まる!

◆鳥栖の20周年アニバーサリーマッチ! 祝砲決めるのは?

サガン鳥栖 vs FC東京

[11月18日(土)14:00]

▽鳥栖の創設20周年記念試合。負傷者の復帰も濃厚でマッシモ・フィッカデンティ監督は万全で古巣を迎え撃つ! 対するFC東京は10戦連続複数得点なし。恩師に祝砲浴びせ来季に繋げられるか?

◆アタッカー陣好調の両チーム、ACLへの扉をこじ開けるのは

柏レイソル vs ジュビロ磐田

[11月18日(土)14:00]

▽ここ数試合失速中の柏は主将・大谷秀和が先発復帰濃厚。守備に安定をもたらし好調なブラジル人トリオを援護できるか。対する磐田は、大井健太郎を中心に柏攻撃陣完封なるか。複数得点が続く前線にも期待。

◆優勝へ望みを繋ぎたい川崎FにG大阪が立ちはだかる

川崎フロンターレ vs ガンバ大阪

[11月18日(土)14:00]

▽負ければ優勝が無くなる川崎F。小林悠が得点ランクトップに並ぶリーグ4戦連発で次節に望みを繋ぐか。一方、G大阪は長谷川健太監督退任発表後、公式戦10戦未勝利。ケガ人の続出に悩まされるが、総力で意地を見せられるか。

◆ミニキャンプ実施の横浜FMか、初タイトル獲得のC大阪か、

横浜F・マリノス vs セレッソ大阪

[11月18日(土)14:00]

▽横浜FMはマルティノスとウーゴ・ヴィエイラが復帰濃厚。高知県で実施したミニキャンプが奏功し、ACL出場に近づけるか。一方、ルヴァンカップで初タイトルを獲得したC大阪。ブラジルに冷や汗をかかせた杉本健勇が3位キープに導くか。

◆両者の争いはJ2→J1でも継続!

清水エスパルス vs 北海道コンサドーレ札幌

[11月18日(土)15:00]

▽昨季J2で覇権を争った両者の残留対決。清水は鄭大世が快復良好。エース復活弾で昨季のリベンジ挑戦だ! 対する札幌は今節勝利で自力の残留確定。北海道に季節外れの春をもたらすことはできるか?!