単独首位に躍り出たグレゴリー・マイヤー(提供:大会事務局)

写真拡大

<ISPS・HANDA CUP・フィランスロピー シニアトーナメント 2日目◇17日◇越生ゴルフクラブ(6,940ヤード・パー72)>
国内シニアツアー「ISPS・HANDA CUP・フィランスロピー シニアトーナメント」。第2ラウンドが終了し、スコアを6つ伸ばしたグレゴリー・マイヤー(米国)がトータル9アンダー単独首位に浮上、今季初勝利に王手をかけている。
【関連】ジャンボ、石川、松山の共演!特選LIVEフォト
2打差2位にこの日“63”と大爆発した柳沢伸祐、3打差3位にキム・ジョンドク(韓国)が続いた。
初日首位だった崎山武志は“73”と崩れてトータル3アンダー9位タイに後退。昨年覇者のピーター・ファウラー(オーストラリア)はトータルイーブンパー25位タイとしている。
【2日目までの順位】
1位:グレゴリー・マイヤー(-9)
2位:柳沢伸祐(-7)
3位:キム・ジョンドク(-6)
4位T:米山剛(-5)
4位T:田村尚之(-5)
4位T:真板潔(-5)

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【動画コラム37回目】