FWクリスティアーノ・ロナウドがバロンドールについて語った

写真拡大

 レアル・マドリーのFWクリスティアーノ・ロナウドが自身を象徴する数字である「7」にかけて、「僕の目標は7人の子供を設けることと、できるかぎり多くのバロンドールを獲得することだ」と話した。『レキップ』に語ったと『ESPN』が伝えている。

 ロナウドは昨年4度目のバロンドールを受賞。年明けに発表を予定している17年のバロンドールの受賞も有力視されている。

 またロナウドは恋人ジョージナ・ロドリゲスさん(22)との間に第4子が生まれたばかり。「僕に不安は何もない。もうすぐ33歳になるけど、僕の人生はサッカーだけじゃない。他にも重要なことはいろいろあるんだ」と公私ともに充実していることを強調した。

「バロンドールについて言えば、僕に投票してくれる人はまだまだいるだろう。また獲得できると自信をもっているよ。心配はしていない。もしまたバロンドールが獲りたいかと聞かれたら間違いなくイエスと答えるよ。5度目のバロンドールをとれば、後世に語り継がれるだろうからね」

「僕の目標は7人の子供を設けることと、できるかぎり多くのバロンドールを獲得することだ。プレーしているかぎり、獲得できるものはすべて獲得したいと思っている」

 ただ今季は開幕4試合出場停止から7試合に出場し、1ゴールとなかなか結果は出ていない。それでも調子を聞かれると「かなりいいね。完璧じゃないけど悪くない」と話し、「僕は常にゴールを決めなければならないゴールマシーンのように思われている。もしゴールがなければ、その他のプレーが良かったかどうかなんて誰も気にしてくれない。ただゴールしているかどうかだけで判断されるんだ」と悲痛な声も漏らした。

 また「批判されることは受け入れるけど、同意はできない。だから自分に関するものは読まないし聞かないよ。とはいえ批判は受け入れるしかないんだ。世界は僕の力じゃコントロールできないからね」とかわしている。


●リーガ・エスパニョーラ2016-17特集