浦和が誇る“アジア最強”の攻撃力をAFC公式が分析 ACLで驚異の決定率を見せるFWとは?

写真拡大

ACL決勝に挑む浦和 10年ぶりアジア制覇の鍵は「38.6分で1ゴール」の破壊力

 10年ぶりのアジア制覇を狙う浦和レッズについて、アジアサッカー連盟(AFC)がAFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝第1戦、アル・ヒラル(サウジアラビア)戦に向けてデータ分析を行っている。

 そこでは、浦和の勝ち上がりの強さの一端として「得点力」がクローズアップされている。

 浦和は準決勝の上海上港(中国)戦を、アウェーで1-1、ホームで1-0とロースコアの展開で勝ち上がった。しかし、大会全体を見れば28得点を挙げている攻撃力がチームの根幹にあることが紹介されている。特に際立っているのが、その得点全てがペナルティーエリア内でのシュートであることと、FWラファエル・シルバの決定力だ。

 シルバは今大会で7得点を挙げているが、シュート総数11本、枠内8本で7ゴールという決定力の高さを見せつけている。チーム全体で見ても、12試合で28得点という攻撃力は、38.6分に1ゴールを決めている計算であり、その得点力はアジアでトップに立つものだ。

 システム上のキーマンは、今季の大会で4ゴールを挙げているFW興梠慎三が指名されている。ACL日本人最多記録を更新中のエースは、中央でボールを受けて攻撃につなげる役割を担っている。左右のワイドに開くシルバとFW武藤雄樹について、「アル・ヒラルの守備陣は、彼らがいつゴール前に進出してくるのか神経をすり減らすゲームになるだろう」としている。浦和の攻撃は興梠のボールキープをきっかけにスイッチが入るだけに、起点となるエースのパフォーマンスが、決勝でもチームが得点力を発揮できるかのポイントになりそうだ。

上海戦で柏木&長澤のデュエル勝率は87.5%

 また、浦和について「12試合にもかかわらず、13人の選手がゴールを決めている」ことも特筆している。攻撃陣の控えには準々決勝の川崎フロンターレ戦で試合の流れを変える2点目を決めた元スロベニア代表FWズラタン、大会4ゴールの決定力を見せている元日本代表FW李忠成がいることも紹介された。

 中盤ではMF柏木陽介が5アシストを記録し、上海戦ではMF長澤和輝と2人で87.5%のデュエルを制してエリアを制圧したことも強さの鍵だと分析されている。柏木は上海との第1戦で貴重なアウェーゴールを決め、長澤はそのパフォーマンスが評価されて日本代表にも選出された。決勝でも、この2人による獅子奮迅の働きが大いに期待される。

 浦和は決勝トーナメントの全てのゲームで、絶対の自信を持つホームゲームが第2戦に組まれるという幸運に恵まれた。敵地での第1戦が厳しいものになるのは間違いないが、持ち前の攻撃力を発揮してアウェーゴールを奪い取ることができれば、アジア王者奪還への道は大きく切り開かれていくと言えるだろう。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images