今週を含め残り2試合となった国内女子ツアー。1位から3位までの差が約1670万円と、例年にない大混戦となっている。ここまでくれば「運」の要素も大事になっているが、それでは実際に「運」が向いているのは誰か。女王の座に近い選手を占いで見てみよう。
まるでピクニック!?ハヌル&ボミの仲良し2ショットはフォトギャラリーで
今回、占いを担当してもらったのは、占星術を専門とするバラガン池袋の高峰京子先生。「タロットカード」と「西洋占星術」を用い、賞金ランク1位の鈴木愛、同2位のキム・ハヌル、同3位のイ・ミニョン(ともに韓国)の3人を占ってもらった。
首位に立つ鈴木だが、「1位と2位はほぼ同率ですね」と迷いながらも、高峰先生が1位に推したのはハヌルだった。
「ハヌルさんはスター性があって、フィギュアスケートのキム・ヨナ選手のように女王に君臨しておかしくないほど、スポーツの星をたくさん持っています。まさに“スポーツの申し子”です。加えて、“1位以外は嫌”という気持ちがすごく強い人」
2位・鈴木の理由が気になるところだが……。
「鈴木さんは金運面に関していえば、3人の中で一番と手堅いです。特に、今年は金運と仕事運が上向きな年ですが、全体運で見るとハヌルさんのほうが上ということです。ちなみに、“才能”というよりも、“努力”や“執念”で上がってくる人ですね」
さらに続けて、
「来年の10月にガラっと心境の変化があります。人気運が上がるので、さらに注目されて人気に火がつきそうです」
まだまだ成長過程にあるというだけに、ひょっとすると鈴木愛時代の到来!?
また、イ・ミニョンに関しても、「上2人が抜きんでているので3位ということですが、どちらかというとこれからです」と同じく将来の賞金女王候補に挙げた。
あらためて運勢順位で1位となったハヌルについて解説してもらうと、
「今年の前半まで良かったのに、秋口から彼女の運気自体は下がっているので、実力を発揮しきれていないと思います。特に、本業のゴルフに関する仕事運が下がっている。これからもゴルフ以外の仕事が忙しくなりそうなので、来年も考えると今はトレーニングなどの基礎体力作りなどを頑張らなければいけないかもしれません。」
4月の「サイバーエージェントレディス」、5月の「ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ」、6月の「サントリーレディス」で3勝を挙げたキム・ハヌルだが、それ以降は2位が2回と成績が下降しているのは、人気が出たゆえの苦しみということか。
「プライベートで迷いが出る時期。片思いをしやすかったり」
と、男性ファンには気になるコメントも出てきた。「ただ、来年の秋以降は“ハヌルさんの年”!と言っていいほど運気が上がります」。1年後もますます輝く姿が期待できそうだ。
さて、占いどおりの結果となりますか!?
<ゴルフ情報ALBA.Net>

6人に絞られた賞金女王争い 大逆転での戴冠を狙う選手たちの胸中は?
キム・ハヌルは辛うじてアンダーパーフィニッシュ「寒くて大変でした」
鈴木愛 優勝すれば女王戴冠の可能性も「予選突破が第1目標」
写真集が今日発売のキム・ハヌル「若いうちに撮りたかった」
【動画】超貴重!キム・ハヌルがノリノリダンスを披露