イタリア代表もW杯出場を逃すまさかの事態となった【写真:Getty Images】

写真拡大

W杯優勝メンバーら“悲しき11人”…英メディア選出「ロシアにいないスターたち」特集

 サッカーの18年ワールドカップ(W杯)ロシア大会の出場32か国が決定した。一方で惜しくも出場権を逃し、涙をのんだスター選手たちがいる。英衛星放送「スカイスポーツ」は「2018年のロシアにいないスターたち」と題し、「ワールドカップを逃したベストイレブン」を選出している。

 あまりに豪華。しかし、この面々をロシアで見ることはできない。ファンから思わず、ため息が生まれそうな“悲しきベストイレブン”だ。記事では、ワールドカップを逃した出場国の中からスター選手を厳選。11人を選び、3-4-3のフォーメーションを組んで特集している。

 最多の4人が選出されたのは、60年ぶりに出場を逃したイタリア。06年のW杯優勝メンバーのGKブッフォンを筆頭に最終ラインにDFボヌッチ、キエッリーニ、中盤にMFヴェッラッティが名を連ねている。アズーリ不在の代償の大きさを見て取れる。

 欧州ではオランダからDFファン・ダイク、ウェールズからFWベイルら、さらに南米王者のチリからMFビダル、FWサンチェスなど、世界のトッププレーヤーがズラリと顔をそろえてしまった。もし、この面々で出場すれば、優勝してもおかしくないメンバーになっている。

優勝してもおかしくない!? 「スカイスポーツ」が選んだ11人のメンバーは?

 記事では「これほどのスターたちが、ライトアップされる来年の夏に両手の指を4本ずつ組みながら、親指をくるくる回すことになる」と表現し、退屈するであろうと予想している。

 日本は6大会連続6度目のW杯に辿り着いたが、その裏には惜しくも涙をのんだ国の選手たちがいる。ロシアのピッチに立てることに誇りをもって、躍進を期待したい。

「スカイスポーツ」が選んだ「ワールドカップを逃したベストイレブン」は以下の通り。

GKジャンルイジ・ブッフォン(イタリア)
DFレオナルド・ボヌッチ(イタリア)
DFジョルジョ・キエッリーニ(イタリア)
DFヴィルヒル・ファン・ダイク(オランダ)
MFマルコ・ヴェッラッティ(イタリア)
MFアルトゥーロ・ビダル(チリ)
MFアントニオ・バレンシア(エクアドル)
MFダヴィド・アラバ(オーストリア)
FWギャレス・ベイル(ウェールズ)
FWアレクシス・サンチェス(チリ)
FWピエール・エメリク・オーバメヤン(ガボン)