「ダンクだ。ソースにダンクしろ」 ハンバーガーのもっともウマい食べ方”ダンカーズ”が誕生したぞーッ!

写真拡大 (全9枚)

東京の下町、両国にある「シェイクツリー」はグルメな有名人などが多数訪れたり、度々メディアに取り上げられている人気のハンバーガー店です。

そのシェイクツリーで見た目も食べ方も斬新な一品があると聞き、訪れてみました。まずはその作り方を動画でご覧ください。

ミニサイズに焼き上げられたかわいいバンズと、こちらもまたミニサイズのビーフパティを鉄板の上で焼き上げます。

両面こんがり焼きあがったらお皿の上で組み立てます。お皿に乗せたトマトソースにたっぷりのパルメザンチーズとパセリをかけて完成です。

ダンカーズ トマトソース(1,000円)

さて、ここからがダンカーズと言われる所以。

ミニサイズのハンバーガーをなんと添えられたソースの中へダンク!(ソースが溢れないかドキドキ)

とにかく絵力が半端ないっ!器から溢れ出るソースがなんともそそりますね。

したたるソースが溢れないように、大きな口でいただきます!噛んだ瞬間、肉汁と、パンに染み込んだ温かいソースが口の中に溢れ出します。

何より肉の食感がしっかり感じられ、噛むほどにウマイ!そして温かいソースが染み込んで少ししんなりとしたバンズが、これまた美味。

オーナーの木村さんにハンバーガーへの想いや、このメニューが出来上がった経緯を聞いてみました。

ダンカーズのヒントは本場ニューヨークから

このダンカーズに限らず、シェイクツリーのハンバーガーは「肉」が主役。

木村さん曰く「ハンバーガーは肉料理」なので、バンズは決してビーフパティを邪魔せず、ビーフパティの旨味を引き立てるように、甘みが少なく軽めのものを選んでるそう。

ビーフパティはチョップした(包丁でたたいた)牛肉を粗挽きの牛挽肉で繋いだお店オリジナルのもの。男性なら一口で頬ばれるサイズのダンカーズでも、肉感がこれだけあるのには驚き。

肉を食べた満足感はありつつも、それでいて決してしつこくないハンバーガーなのです。

木村さんがハンバーガー店を開きたいと思っていた頃、ハンバーガーの本場ニューヨークを自分の目でみたいと訪れた際、アペタイザー(オードブル)として小さいサイズのハンバーガー「スライダー」を見かけたのだそう。

シェイクツリーを始めたときにはこの「ダンカーズ」はレギュラーメニューにはなかったものの、イベントの際に温かいソースにダンクするスライダー「ダンカーズ」を提供したところ評判が良かったため、レギュラーメニューに仲間入りしたのだそう。

小さいながらも存在感のあるダンカーズ。ソースはトマトソースとクリームソースの2種類から選べます。

ダンカーズ(クリームソース)

クリームと聞いて濃厚なソースを想像しましたが、さっぱり爽やかな酸味があるソースでこれまた肉との相性は抜群です。

スタッフの酒井さんです。
 
シェイクツリーは2011年にオープンし、今年で6年になります。

最寄りの両国駅・錦糸町駅からも徒歩約10分と、お世辞にも立地に恵まれているとは言えないにも関わらず、週末には行列ができるほどの人気。

木村さんは「お客さんは、わざわざシェイクツリーに訪れるために足を運んでくれる。その想い、接客や味で精一杯応えるように努力します」と話してくれました。「駅から歩いてきた甲斐があった!」そんな風に満足できるハンバーガーが待っています。ぜひ、訪れてみてくださいね。

シェイクツリー 住 所東京都墨田区亀沢3-13-6 岩崎ビル 1F 電 話03-6658-8771 営業時間[火~金]ランチ:11:00〜15:00 LO14:30 [火~金]ディナー:17:00〜21:00 LO20:30 [土]11:00〜21:00 LO20:30 [日・祝]11:00〜17:00 LO16:30
定休日毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は営業。翌火曜日がお休み)
シェイクツリー
東京都 墨田区 亀沢
ハンバーガー