画像提供:マイナビニュース

写真拡大

Razerは11月17日、PC用バーチャル7.1chサラウンドヘッドセット「Razer Kraken 7.1 V2 Oval」と、「Razer Thresher Tournament Edition」を発表した。ともに11月25日に発売する。価格(税別)は、「Razer Kraken 7.1 V2 Oval」が12,800円前後、「Razer Thresher Tournament Edition」が13,800円前後。

○Razer Kraken 7.1 V2 Oval

「Razer Kraken 7.1 V2 Oval」は、PC用のバーチャル 7.1chサラウンドヘッドセット。価格は12,800円前後(税別)。

「Kraken 7.1 V2」の後継モデルで、イヤークッションの形状が正円形から楕円形に変更されたことにより、フィット感と遮音性能が向上している。ドライバには50mmサイズのネオジム磁性体を採用。「Razer Synapse」で制御される7.1chサラウンドは、正確に音場を把握でき高い臨場感を味わえる。

フレームはアルミ製で耐久性に優れ、ヘッドバンドは頭部への重量を均等に分散し、耳への締め付けを軽減する。イヤークッションは遮音性が高く、長時間使用しても快適性が損なわれることがない。イヤーカップ上のロゴはバックライトにより発光可能。

インタフェースはUSBで、周波数特性が12Hz〜28KHz、インピーダンスが32Ω、最大許容入力が30mW、感度が123dB。イヤーカップ内径は縦70×横60mmで、重量は338g。対応OSはWindows 7以降、OS X 10.9以降。

○Razer Thresher Tournament Edition

「Razer Thresher Tournament Edition」は、アナログ接続(4極ステレオミニ)で使用するゲーミングヘッドセット。価格は13,800円前後(税別)。PlayStation 4などの家庭用ゲーム機やPCなど、幅広い機器で使用できる。

50mmのネオジムドライバを内蔵し、左右のイヤークッションには形状記憶フォームを採用。高い快適性と遮音性を発揮する。ケーブルにはインラインリモコンを搭載。手元でボリュームの調整やマイクミュートなどを制御できる。

ケーブル長は1.3mで、周波数特性が12Hz〜28KHz、インピーダンスが32Ω、最大許容入力が30mW。本体サイズはW196×D104.8×H214mm、重量は356g。