スーパーヒーロー映画界にロシアが殴り込む 『ガーディアンズ』来年1月公開へ

写真拡大

 ロシア発のスーパーヒーロー映画『The Guardians』が『ガーディアンズ』の邦題で、2018年1月20日より日本公開されることが決定した。

参考:『マイティ・ソー バトルロイヤル』はマーベル映画にとって危険な存在に? 路線変更の背景を考察

 本作は、『クライム・スピード』のサリク・アンドレアシアン監督最新作。冷戦下のソヴィエトを舞台に、超人集団ガーディアンズが国家存亡の危機を防ぐため、奮闘する模様を描く。

 2016年8月に本国で予告編が公開され、ロシア版『X-MEN』と評された本作。登場するヒーローは、熊に変身する人間、岩石を操る男、透明化する恐ろしく美しい女など、いずれもアメリカのマーベルやDCとは異質で、ロシア的ミステリアスさを漂わすキャラクターたち。

 あわせて公開されたビジュアルには、近未来の都市を背景に、何かを見据える4人の超人戦士“ガーディアンズ”たちが、<その力を、恐れるな。>というキャッチコピーとともに捉えられている。(リアルサウンド編集部)