英ラジオ局が故デヴィッド・ボウイの特別プログラムを2日間放送 イギー・ポップ/サーストン・ムーア/フランツらが参加予定

写真拡大

 2017年11月18日と19日(現地時間)、英ロンドンの人気ラジオ局NTS Radioがサウンド・システム・メーカーのSonosと協力し、2日間に渡って故デヴィッド・ボウイにインスパイアされた特別プログラムを放送する。イギー・ポップ、サーストン・ムーア、フランツ・フェルディナンド、デヴ・ハインズ、バット・フォー・ラッシーズなどのアーティストが参加予定だ。

 ボウイの長年の友人でありコラボレーターだったイギー・ポップは、“デヴィッド・ボウイの根強い影響を祝う”この特別プログラムの土曜の部に登場し、“彼の歌や、それらが創作される上で受けた影響を振り返る親密な旅にリスナーを連れ出す”とNTS Radioのサイトに記載されている。同プログラムの詳細や参加アーティストの全容なども公開されている。

 デヴィッド・ボウイは2016年1月10日、18か月に及ぶガンとのたたかいの末に69歳で亡くなった。その2日前の誕生日に遺作となったニュー・アルバム『★』(ブラックスター)を発売したばかりだった。


◎NTS Radioによる投稿
https://twitter.com/NTSlive/status/930846329080827904