江戸のからくり人形職人の娘・ひさを演じる吉本実憂

写真拡大

11月27日(月)〜30日(木)の「Rの法則」(毎週月〜木曜夜6:55-7:25、NHK Eテレ)内で放送されるドラマ「大江戸ロボコン」は、「アイデア対決・全国高等学校ロボットコンテスト2017」とコラボレーションし、“高専ロボコン”の魅力を伝えるために制作された“痛快時代劇”。同ドラマの第1話試写会が行われ岸優太、吉本実憂、山口達也が登壇した。

【写真を見る】吉本実憂が撮影の失敗談を語る

高等専門学校に通う男子高校生の将也(岸優太)は、「高専ロボコン部」に所属しているものの、あまり勝負に興味がなく、その不真面目な態度を顧問の川渕(山口達也)に叱られ、部活に出入り禁止を言い渡されてしまう。

そんな中、学校にある“和時計”を眺めていると、突然、天保の改革のさなかの江戸にタイムスリップ。将也は、からくり人形師の源蔵(和田聰宏)とその娘・ひさ(吉本実憂)の元へ転がり込み、大きな陰謀がうず巻く“からくり人形大試合”に参戦することになるというストーリーだ。

主演を務める岸は「先輩の山口さんを含め、共演者の方々が僕みたいな新参者を受け入れてくださったおかげで、本当に楽しく撮影をすることができました。“高専ロボコン”の魅力を伝えるこの番組に出演するに当たって、実際に“高専”に取材に行ったんです。

そこで感じたのは、勝負にこだわるだけではなく、人を楽しませるアイデアを皆さんが考えているということです。僕も、人を楽しませるエンターテインメントを仕事にしているので、すごく勉強させていただきました」と撮影期間を振り返った。

また、ドラマ内で将也がよく口にするせりふ“トライアンドエラー”にちなみ、「実生活で諦めずに頑張ったこと」を聞かれた岸は、「芸能活動をする上でつまずくことや悩むことはあるんですけど、そういう時でも踏ん張って立ち上がろうという気持ちをもって、今日という日が迎えられているんだと思います(笑)」と山口をちらりと見ながら発言。

同じ質問に吉本が「このドラマの中で、草履を履いて走るシーンがあったんですよ。お着物を着て、草履で走るのがどうにも難しくて転んでしまって…でもひさの気持ちを背負って頑張りました」とはにかみながら答えると、山口は「かわいい!」と会場を盛り上げた。

そして、山口は「日々失敗を反省しながら生活しています。TOKIOとして20数年活動していて、楽曲の制作でも、『いいものができたな』と思った作品が出来上がっても、何回か弾いたり歌ってしているうちに『もっとこうすればよかった』と反省する点が出てきますし。

でもそういうところが次につながるんですよね。司会の仕事をしていても、『今日はゲストの人を楽しませられたかな?』と振り返って考えたり、そういう毎日の繰り返しがあるから、今ここまでやっていけているんだと思います。今日の記者会見が終わった帰り道では『いまいちみんな(報道陣)笑ってくれなかったな』と反省すると思います(笑)」と語った。

同番組内では、ドラマ放送とともに、ドラマ出演者をゲストに迎えた生放送を実施。「Rの法則」独自調べの「江戸の10代女子あるある」や「ロボコンの魅力」などを紹介しながら、出演者たちが撮影の舞台裏を語る。(ザテレビジョン)