『ブルバスターvol.0』

写真拡大 (全5枚)

映像監督・中尾浩之さんと漫画家の・窪之内英策さんによる同人プロジェクト『ブルバスター』のコンセプトブックが、11月23日(木)に開催されるCOMITIA122の会場(スペースNo:せ26a)で頒布される。価格は1000円(税込)。

【中尾浩之と窪之内英策による、オリジナルロボット作品『ブルバスター』始動の画像・動画をすべて見る】

『ブルバスター』は中尾さんと窪之内さんの悪ふざけから始まった、「経済的に正しいロボット物語」をテーマにしたオリジナルプロジェクト。


キャラクターは窪之内さんによる描き下ろし、ロボットをはじめとするメカニックデザインは、大久保淳二さんによる架想重機デザインプロジェクト・出雲重機が担当。

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』や『ゼーガペインADP』などに参加した高島雄哉さんが設定考証をつとめている。

アニメ化への夢も詰め込んだコンセプトブック『ブルバスターvol.0』

アニメ化や実写化といった夢を詰め込んだというコンセプトブック『ブルバスターvol.0』。

キャラクター設定イラストのほか、中尾さんによるノベライズ第1弾などを収録。

ミサイル一発撃つのにもコストとのせめぎ合い、パイロットの給料や労働時間の問題がつきまとい、ロボットの修理や設備投資のための資金繰りに主人公たちが奔走する──そんなロボットヒーロー物語の世界観を詰め込んだ1冊だ。

カップヌードルCMでも話題の漫画家・窪之内英策

キャラクターデザインを手がける窪之内英策さんは、30〜40代には『ツルモク独身寮』『ショコラ』といった漫画作品で、10代〜20代には「NOKKO sings REBECCA tunes 2015」といったジャケットイラストでおなじみの漫画家。

1700万再生を突破したVine動画『80年のダイジェスト』をはじめ、かわいらしい女の子のイラストなどで知られている。

2017年にはカップヌードルの新たなシリーズCMの制作に参加。『魔女の宅急便』のキキや、『アルプスの少女ハイジ』のハイジなどが、高校生となった姿を描いている。