画像提供:マイナビニュース

写真拡大

魚料理専門ビストロ「ビストロ シロ.」の新業態「シロノニワ」が11月17日、リニューアルオープンする。異国の華やかさとエキゾチックな香りの "エスニックキュイジーヌ"がテーマの料理や、タピオカ、サングリア、スパイスがそれぞれ自分好みに楽しめる3つのバーを展開する。

「恵比寿の楽園」をテーマにした同店は、広尾の人気フレンチ「ビストロ シロ.」が手掛けるエスニックキュイジーヌ料理のレストラン。"アトレ空中花園"を臨みながら、食事を楽しむことができる。

ランチタイムには、「シンガポールチキンライス」(980円)や「蒸し鶏と大根のフォー」(1,050円)、「ベジタブル&メインプレート グリルドチキン レモングラス風味」(1,380円)などを展開。

ディナータイムには、「シュリンプと野菜の揚げ春巻き」(540円)、「モロッカンキャロットサラダ」(630円)などのタパスや、本店「ビストロ シロ.」から受け継いだ「シロノニワ名物 レモングラス香るブイヤベース」(3,600円/〆のリゾットは+500円)、「ポークベリーの煮込み ザクロソース アニスとシナモンの香り」(M 1,600円/L 2,200円)などを展開する。

タピオカバーは、ランチタイムのみの提供となる。もちもちのブラックタピオカやカラフルなタピオカに、ココナッツミルクやフルーツなどを自由にトッピングして、自分好みのデザートが作れる。また、レモネードやデトックスウォーターなどが楽しめるドリンクバーも用意する。平日はランチ価格に500円追加で利用でき、土日祝は全てのランチ価格に含まれる。

サングリアバーは、ディナータイムのみの提供となる。4種のワインベースに、フルーツやハーブ、スパイス、タピオカを加えてオリジナルのサングリアが作れる。料理によって組み合わせを変えるなど、アレンジ自由なサングリア飲み放題のブースとなる。90分間飲み放題で800円となる。

スパイスバーもディナータイムのみとなる。世界のスパイスをミックスした6種のスパイスが自由に選べる。同店のメニューには、スパイスやハーブを利かせているが、さらに好みのスパイスを追加することができる。無料で利用可能となっている。

そのほかデザートメニューとして、「求肥とバナナ、ミルクアイスのチェー」(680円)や「コーヒーゼリーと練乳プリン」(720円)なども用意する。

同店の場所はアトレ恵比寿西館8Fで、営業時間は11〜24時(ラストオーダー23時)。不定休となる。

※価格は全て税別