画像提供:マイナビニュース

写真拡大

説明書を読まなくても使い方がわかるのが、iPhoneの魅力であり強みです。しかし、知っているつもりでも正しく理解していないことがあるはず。このコーナーでは、そんな「いまさら聞けないiPhoneのなぜ」をわかりやすく解説します。今回は、『「iPhoneを消去」を実行すると、もう引き返せないの?』という質問に答えます。

***

「iPhoneを消去」を実行するということは、iPhoneを手放そうとしているのでしょうか? 機種変更するときには、「iPhoneを探す」をオフにしてからiCloudをサインアウトし、写真やビデオなど必要なデータをiCloudかiTunesへバックアップしてから「iPhoneを消去」するものですが、iPhoneを手放すことを決断していても、躊躇してしまうものですよね。

確かに、「iPhoneを消去」を実行すると、ストレージ上のアプリや各種データは完全に消去され、iPhoneは工場出荷時点の状態(ただしiOSは最新の状態)へと戻ります。こうなると「iPhoneを消去」実行前の状態に戻す方法はなく、バックアップしていないかぎり消去されたデータは永久に失われます。思い出の写真、貴重な映像も、2度と見ることができなくなります。

「iPhoneを消去」は、『設定』→「一般」→「リセット」→「すべてのコンテンツと設定を消去」の順にタップすると開始できます。ただし、いきなり消去されるのではなく、最初にパスコード(ロック解除時に使うもの)を、続いて機能制限パスコードを設定している場合はそれを入力して認証に成功しないかぎり、「iPhoneを消去」ボタンにたどり着けません。

「iPhoneを消去」ボタンにも安全機構が用意されています。最初のタップでは消去されず、「本当に続けますか?」と確認のメッセージが現れ、そのうえでもう一度「iPhoneを消去」ボタンをタップしないかぎり、消去は実行されません。2回タップするまでは、いつでも引き返せますから、あの大切な写真をバックアップしたかな? などと不安を感じたときは無理に進めず、データの保全に努めましょう。